Kyoko Shimbun 2014.08.27 News

【企画広告】聴くだけでモテるは本当か 「恋クラ」の実力 これは嘘ニュースです

「恋するスイッチをONするクラシック」
 「聴くだけでモテるようになるCD」という非常に理解しがたいコンピレーションアルバム「恋するスイッチをONするクラシック」(ワーナーミュージック・ジャパン)が本紙編集部あてに届いた。本当にそんなCDは存在するのか――。本紙では実際にこのCDを男性に聴いてもらい、その実力を検証した。

 実験に参加してもらったのは、51年間女性と付き合ったことがないという毒蝮守さん(仮名)。瞬間接着剤で固定したイヤホンを彼の耳に装着し、ボリュームを最大にした状態で1週間「恋クラ」に収録されるクラシック16曲をエンドレスで聴いてもらい、その効果を確かめた。

 1週間後に再会した守さん(仮名)は作品に感銘を受けたのか、長髪に無精ひげ、サングラス姿というどこか作曲家然とした風貌に変わっていた。「どこにでもいる中年」といったそれまでの雰囲気とは明らかに異なっており、記者は彼に「光」のようなものを感じさえした。

 そんな守さん(仮名)を世間の女性はどのように評価するか。彼がCDを聴く前後の写真を、佐藤浩市さんや唐沢寿明さんら同世代俳優に並べ、街行く女性200人に「この中の誰と付き合いたいか」を尋ねてみた。

 その結果、CD試聴前の守さん(仮名)を選んだ女性が0人だったのに対し、試聴後の守さん(仮名)は1人。試聴前後で1兆倍以上の差が開き、CDの効果が実証される結果となった。また、同世代俳優の写真を女性から200メートル遠ざけた位置に置いた場合、試聴後の守さん(仮名)を選ぶ女性は3倍の3人にまで増えた。

 これらの結果を踏まえ、本紙では「すでにモテている男性がこのアルバムを聴けば、佐和山邦彦さん(実名)にはもはや為す術がない」という結論に至った。彼にこのことを伝えたところ、訴訟をちらつかせられたが、本紙では徹底して争う方針だ。

 コンピレーションアルバム「恋するスイッチをONするクラシック」は8月27日発売。価格は2000円(税抜)。


新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<GOODS>恋のスイッチをONするクラシック

 一般社団法人日本合コン協会会長・絵音氏(合コンシェルジュ)が推薦する恋愛力アップのクラシック・コンピレーション。クラシック作品は“恋/愛/ロマンス”の宝庫…。作曲家たちが胸をときめかせながら生み出した作品群が、恋のスイッチをONすること間違いなし!

社主ピックアップ

エンタメ

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ