Kyoko Shimbun 2014.06.24 News

まるで本物 ステーキさいころ、来月発売 これは嘘ニュースです

サイコロ肉そっくりの「ステーキさいころ」
 ステーキのサイコロ肉そっくりの「ステーキさいころ」が来月発売される。樹脂製の食品サンプル技術を応用した商品で、一見してサイコロ肉と見分けがつかないほどの精巧さが売りだ。

 鹿児島市の玩具メーカー・スポック社が制作した。発案者は同社商品開発部に所属する山田色子さん(31)。今年2月、ファミリーレストランでサイコロステーキ丼を食べたとき、テーブルに転がった肉についていた焦げ目が偶然サイコロの目に似ていたことから「ステーキさいころ」をひらめいたという。

 サイコロステーキを本当にサイコロにしたらおもしろいのではないか――。そう考えた山田さんはさっそく知り合いの食品サンプルデザイナーに試作品の製作を依頼した。1か月後に出来上がった樹脂製の「ステーキさいころ」は食料品店で売っているサイコロ肉そっくりの外見に、1から6の焼き目模様が入ったものに仕上がった。「一目見てすぐに商品化を決めました」と、山田さん。

 見た目のリアリティを追求して完全な立方体にしなかったことから、実際の出目にはかたよりが出るが「イカサマ用としてこっそり使ってもらえれば」と話す。ただし「需要があればイカサマなしの完全立方体版の発売も検討します」とも。

 同社では食品サンプルを利用した玩具を今後シリーズ化したいとしており、年内にも第2弾として壊れるまで使える「ラムネフエ」を発売する予定。

 「ステーキさいころ」は7月下旬から全国の玩具店で発売される。価格は100gあたり980円(税別)。

【追記】
 本記事につきまして、多くの読者から「実際の商品がある」との指摘をいただいたため、確認したところ、現実に存在することが確認されました。確認に至るまでの経緯はこちらの記事からご覧ください。この度ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

(さくまあきらホームページ:仕事人裏日記)より

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<GOODS>ALEXCIOUS 世界最速のサイコロ 2個セット 完全版

 理論値に限りなく近く転がる、有史以来人類が手に入れた中でも最高の精度を誇るサイコロ。

社主ピックアップ

エンタメ

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ