Kyoko Shimbun 2011.09.08 News

放置の一斗缶から盲腸2千人分 大阪 これは嘘ニュースです

現場に放置されていた盲腸入り一斗缶
 7日午後2時ごろ、大阪市内の駐車場に放置されていた一斗缶から異臭がするとの通報が住民からあった。署員が駆けつけ開封したところ、中から腐敗した盲腸が大量に見つかった。その後「自分のものだ」と申し出る男性が現れたため、署ではこの男から詳しく事情を聞いている。

 一斗缶は駐車場脇に設置されている自動販売機の横に置かれていた。缶を開封して調べたところ、中から人間のものと見られる盲腸が大量に詰め込まれており、その数は2千個に及んだ。

 大阪府警では事件性が高いと見て、同日午後5時ごろ鶴見署内に捜査本部を設置。缶を放置した目撃者を探すなど捜査に入ろうとしていた。

 だが事件が報じられた午後8時ごろ、缶の持ち主を名乗る男性が署に現れ、缶の引き取りを申し出た。「放置していたのではなく、一時的に置いていただけだ」と説明しているという。

 また、入手経路については「知り合いの外科医から虫垂炎の手術後、廃棄する予定だったものを譲りうけていた」と話しており、自らが経営する中華料理店で提供している餃子の「隠し味」として使っていたと説明している。

 男性の説明に不自然な点がなかったことから、府警では事件性の有無について確認が取れしだい、一斗缶を男に返却し、捜査本部を解散する予定。

 本紙の取材に対し、男性は「全ての客を満足させる『究極の餃子』を作ろうとしているのに、食材にタブーを設けるのはおかしい。ホルモン焼きや焼き鳥のように、家畜なら内臓部分を食べても許されるのに、人間だけはダメだというのは説得力がない」と憤りをあらわにした。

 俗に中華料理は「四つ足なら机以外、空を飛ぶものなら飛行機以外は何でも食べる」と言われているが、男性が経営する料理店では「机のピリ辛炒め」や「焼き飛行機のカニあんかけ」も提供しているという。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<BOOK>中華料理四千年

 大勢で食べるときの中華料理の注文の仕方をご存じだろうか。四川は辛い料理だけど、北京と広東の違いは何?北京ダックは皮だけ食べるって本当?

社主ピックアップ

社会

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ