Kyoko Shimbun 2018.09.17 News

【企画広告】都内で蛇女?の目撃情報、ネット上で相次ぐ これは嘘ニュースです

撮影された謎の生物。蛇のような尾が確認できる
 7月上旬ごろからインターネット上で「悪魔を見た」「ヘビみたいな金髪女が歩いていた」などといった投稿が相次いでいる。人間とヘビをつなげたような姿の生き物が食事をとっている様子を撮影した真偽不明の写真を投稿する人もおり、一部では不安の声も上がっている。

 最初の目撃情報は7月上旬、ツイッター上に投稿された「さっき蛇みたいな女とすれ違った」というつぶやきまでさかのぼることができる。投稿分析サービスによると、この投稿以降ほぼ毎日同じような生き物を見たという投稿がSNSに上がっており、8月14日には、公園のベンチでマヨネーズ入りカレーを食べている姿を写した写真も投稿されている。いずれの写真も真偽は不明だ。

 これまでの投稿をまとめると、上半身は金髪で人間の女性、下半身は蛇のようなうろこに覆われている点で特徴が一致している。ギリシャ神話に登場する半人半蛇の悪霊「ラミア」と似ているという指摘する投稿もある。出没する場所は今のところ東京都内のみで、他の地域での目撃情報はない。

 目撃情報は現在もほぼ毎日絶えることなく続いているが、中には氷漬けにされた死体や真っ二つに裂けた死体を見たという投稿もあることから、複数生息している可能性もある。

 最も目撃情報が多い、千代田区神保町付近を散歩していたメデューサの女性は「物騒な世の中になりましたね。お金を巻き上げられたりしないよう気を付けます」と不安な様子をうかがわせた。


●読者プレゼントのお知らせ●

 蛇のようなしっぽを持つゲス悪魔「邪神ちゃん」が登場するアニメ「邪神ちゃんドロップキック」から、本紙読者プレゼントとして、ヒロイン・邪神ちゃんを演じる鈴木愛奈さんと、花園ゆりね役の大森日雅さんのサイン色紙をご提供いただきました。応募者の中から抽選で1名様にプレゼントいたします。本当です。


 現在TOKYO MX、BSフジほかで絶賛放送中の「邪神ちゃんドロップキック」は、神保町に暮らす女子大生・花園ゆりねと、ゆりねに召喚された魔界の悪魔・邪神ちゃんを中心にしたほのぼのドタバタバイオレンスコメディ。召喚者を殺せば魔界に帰れることから、邪神ちゃんは得意技の殺人ドロップキックをゆりねに浴びせようとあれこれ手を尽くしますが……。


 あなたも街角で邪神ちゃんを見かけていませんか? 目撃情報をお寄せくださった方に、謝礼としてサイン色紙をお送りいたします。応募方法は以下の通りです。

 (1)お持ちのツイッターアカウントで「邪神ちゃんドロップキック」公式アカウント(@jashinchan_PJ)をフォロー

 (2)ハッシュタグに「#邪神ちゃん目撃情報」と入れて、邪神ちゃんの目撃情報を投稿してください(投稿例「さっき神保町駅前のファミマで邪神ちゃんがバターチキンカレー買ってた」「道に邪神ちゃんのしっぽが落ちてた。まだ生温かったからそう遠くに行っていないはず」など)

 

 (3)これで応募は完了です。

 上記手順でご応募いただいた方の中から抽選で1名の方にサイン色紙を差し上げます。

 当選者には後日邪神ちゃん公式アカウントから、ツイッターのダイレクトメッセージを通じて当選のご連絡が届きますので、その際に送付先となるご住所をお伝えください。また、本紙にて当選者の発表はございませんので、あらかじめご了承ください。

プレゼントの受付は終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。

 まだまだ情報が不足しています。情報提供にご協力いただければ幸いです。


新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<BOOK>邪神ちゃんドロップキック

  魔界の悪魔、通称「邪神ちゃん」は、ある日突然、人間界に召喚されてしまう。彼女を召喚したのは、神保町のボロアパートで暮らす女子大生、花園ゆりねだった。しかもゆりねは、邪神ちゃんを魔界に帰す方法がわからないと言う。仕方なく一緒に暮らし始めた邪神ちゃんとゆりね。しかし、召喚者が死ねば魔界に帰れることから邪神ちゃんはゆりねを……! 少女と邪神ちゃんが繰り広げるキケンな同居生活の行方は――!?

社主ピックアップ

社会

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ