穴ずれパインアメ、1.3億円で落札 過去2位の高額
Kyoko Shimbun 2018.08.08 News

穴ずれパインアメ、1.3億円で落札 過去2位の高額 これは嘘ニュースです

エラーパインアメ「ピーサウンド」
 あめ菓子「パインアメ」の製造過程で偶然出来上がった「エラーパインアメ」が7日、英国・ロンドンのオークションにかけられ、穴の位置が中心から大きくずれたパインアメ「ピーサウンド」が最高額の88万ポンド(約1.3億円)で落札された。

 この日出品されたのは、穴の位置が中心からずれたエラーパインアメ。パインアメ愛好家の間では、半濁点( ゜)にちなんだ「ピーサウンド」の名で知られており、今回出品されたピーサウンドは、08年8月に大阪市内のコンビニ店で発見されたもの。

 製造検品技術の進歩によって、エラーパインアメが市場に出回る確率は数千億個に1個とも言われ、極めて希少価値が高い。数ミリずれたものは数年に1個程度出品されるが、これほどまで大きく穴がずれたものは過去に例がなく、その珍しいフォルムに会場のパインアメ愛好家からは大きなため息が漏れた。

 8ポンドから始まった価格はみるみる上昇。開始3分で8万ポンドを超え、最終的に88万ポンドで落札された。エラー菓子としては、13年に430万ドル(約4億6千万円)落札されたチョコレート「M&M’s」の透明色に次ぐ過去2番目の落札額。

 ピーサウンドを落札したのはネットショッピングサイトを運営する日本人実業家の名木沢氏。落札後、英メディアの取材に対し「味は普通のパインアメだった」と語った。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<BOOK>攻めるロングセラー (パインアメ「中の人」の心得)

 大阪で生まれ、60年以上の長きにわたって親しまれてきたパインアメのPR担当者が大切にしている攻めのPR手法とは!?

社主ピックアップ

国際

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ