飲むだけで成績上昇 0点の特効薬「ヌル」開発
Kyoko Shimbun 2018.06.15 News

飲むだけで成績上昇 0点の特効薬「ヌル」開発 これは嘘ニュースです

0点の特効薬「ヌル」を染み込ませた砂糖玉
 0点の答案を原料にした薬を飲み続けることでテストの点数が上昇する効果が確認できたとする論文を14日、民間研究所「エーテルワイズ研究所」が発表した。飲むだけで点数が上がる「勉強嫌いの特効薬」になる可能性がある。

 エーテルワイズ研究所が開発した新薬「ヌル」は、細かく裁断した0点の答案を水に溶かしてどろどろのパルプ状にした後、希釈を繰り返して紙の繊維成分セルロース1分子を含む程度まで薄めた溶液。この溶液を染み込ませた砂糖玉を毎日服用することで、0点を克服する耐性が付くようになるという。

 数学のテストで0点を取った中高生30人に、2カ月後のテストまで全く勉強せず、ヌルを染み込ませた砂糖玉を毎食後に服用してもらう実験を行ったところ、次のテストでの平均点は0点になった。

 論文では「学生の平均点はこれまで右肩下がりを続けていたが、服用してもらった結果、横ばい状態に改善した。これまでテストごとに平均10点ずつ下降していたことを鑑みれば、10点上昇させる効果があったと言える」と分析。また「マイナスになるのではと不安だったが、0点で踏みとどまれてホッとした」という学生の感想も併記している。

 同研究所によると、薬を服用するだけで成績が上昇することを証明した科学論文は世界にも例がないという。点数を上げる科学的メカニズムは不明だが、今後「勉強嫌いの特効薬」として、全国の教育委員会に対して、教育現場での採用を働きかけたいとしている。

 成績と医療の関係に詳しい教育評論家の坂本義太夫氏は「著者は自分の論文を溶かして希釈した砂糖玉を飲んで出直すべき」と手厳しい。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<GOODS>プラセボ製薬 プラセプラス30

 『プラセプラス』は介護用途などにご利用いただける、ほのかな甘みのプラセボ・タブレット。本商品はプラセボ粒をPTPシートに個包装したものです。
 プラセボとは「偽薬・似せ薬・気休め薬」のことであり、本品はくすりのかたちに似せた食品です。※医薬品ではありません。

社主ピックアップ

科学

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ