電気自動車用モバイルバッテリー、来春発売
Kyoko Shimbun 2017.10.06 News

電気自動車用モバイルバッテリー、来春発売 これは嘘ニュースです

電気自動車(EV)用モバイルバッテリー「Eキューブ」
 PCサプライのバッキャローは5日、電気自動車(EV)用モバイルバッテリー「Eキューブ」を来年春に発売すると発表した。EV2回分のフル充電が可能。航続距離や充電設備の数がEVの課題だったが、モバイルバッテリーの登場で普及に拍車がかかりそうだ。

 英仏政府が2040年までにディーゼル車やガソリン車の新車販売を禁止する方針を発表するなど世界的にEVへの転換が加速しつつある。自動車メーカー各社もこぞってEV強化を打ち出しているが、EVはガソリン車に比べて航続距離が短く、また充電設備が整備されていないことも普及に向けた大きな壁になっている。

 Eキューブは同社が得意とするスマートフォン用モバイルバッテリーの技術を応用した。充電したEキューブをEVの車内に入れておけば、バッテリーが切れた後、再充電できるので航続距離を大きく延ばすことができる。またEキューブの積み込みを前提にすることで、航続距離が短いEVでも長距離走行が可能になるため、今後技術力の低いベンチャー企業がEVに参入することも考えられる。

 表面に継ぎ目がない一辺1メートルの肥満型モノリスデザインで、容量は80kWh。重さは約800キロと「モバイル」と言い切れるほど軽くはないが、女性や子どもでも持ち運びしやすいよう、本体底部に補助輪を4つ内蔵しており、運転スイッチを押せば、バッテリー内の電力を使って自走もできる。USB端子を2つ備えており、スマートフォンの充電も可能だ。価格は220万円と高額だが、早期購入者にはEキューブオリジナルデザインのステッカー2枚を同梱する。

 Eキューブのバッテリーがなくなった場合に備えて、Eキューブ0.5回分を急速充電できる緊急用モバイルバッテリー「Eキューブミニ」、さらにEキューブミニのバッテリーがなくなった場合に備えて、Eキューブミニ0.5回分を急速充電できる超緊急用モバイルバッテリー「Eキューブナノ」もそれぞれオプションとして同日発売予定。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<GOODS>Anker PowerHouse (434Wh / 120,600mAh ポータブル電源)

 434Whの容量を誇り、Powerhouseはノートパソコンに15回充電することが可能です。リチウムイオンバッテリーにより、鉛蓄電池にくらべ、大幅な小型化を実現しました。DCやAC出力も可能なので、災害時やキャンプなど、電源供給が不安定な環境での備えに最適です。

社主ピックアップ

経済

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ