iPhoneX用「外付けホームボタン」 50m先から操作可
Kyoko Shimbun 2017.09.13 News

iPhoneX用「外付けホームボタン」 50m先から操作可 これは嘘ニュースです

iPhoneX用「外付けホームボタン」
 アップルが12日(現地時間)に発表した新型スマートフォン「iPhone X(アイフォーンテン)」で、下部についていたホームボタンがなくなったことに伴い、別売りの外付けホームボタンが発表された。無線で接続すれば50メートル先からでもホーム画面に戻る操作ができる。

 10周年記念モデルとなるiPhoneXは、5.8インチの画面がほぼ表面全体を覆うデザインに大幅変更された。また初代iPhone以来の伝統だったホームボタンを初めて廃止。操作体系が大きく変わり、ホームボタンを使った指紋認証「タッチID」も顔認証「フェイスID」に移行する。

 またボタンの押し心地が忘れられない人のために「外付けホームボタン」を別売りアクセサリーとして発売することが明らかになった。発表会では「ホームボタンの再発明」として紹介された。

 ケーブル長は1mで、ライトニング端子経由の有線接続と、ブルートゥースを使った無線接続に両対応。内蔵バッテリーで最大3時間動作し、ブルートゥース接続を使えば、50メートル離れた場所からでもホーム画面に戻ることができる。音声アシスタント「Siri(シリ)」の呼び出しにも対応しているため、絶叫すれば遠距離からの音声操作も可能だ。

 同社は昨年発売したiPhone7でイヤホンジャックを廃止するなど、シンプルな本体デザインを追求しており、今回のホームボタン廃止もこの方針に沿ったものとみられるが、価格は549.99ドルとシンプルではない。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<GOODS>Apple AirPods 用 ネックストラップ

 AirPodsに最適なイヤホンストラップ。お使いのAirPodsの落下や紛失から守ります。

社主ピックアップ

経済

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ