もしかして入れ替わってる? 織姫と彦星で謎の現象を観測
Kyoko Shimbun 2017.07.07 News

もしかして入れ替わってる? 織姫と彦星で謎の現象を観測 これは嘘ニュースです

謎の模様が確認されたアルタイル(望遠鏡撮影のため写真は上下左右反転)
 NASA(米航空宇宙局)は7日、七夕の織姫、彦星として知られる恒星ベガとアルタイルで、大きさや明るさが同時に変化する現象が継続的に起きていると発表した。まるで2つの星が入れ替わっているかのように見えるこの現象は5月ごろから不定期に起きており、NASAでは観測態勢を強化して今後の変化を注視する。

 NASAが発表した資料によると、ベガとアルタイルで不可解な動きが初めて観測されたのは5月26日。英国のアマチュア天文家から「ベガとアルタイルの明るさが変化した」と連絡を受けた職員が詳しく観測したところ、大きさや自転周期、明るさを示す等級など全ての性質において2つの星が入れ替わっているかのような現象が確認された。さらに観測を続けようとしたが、3時間後に元に戻ったという。

 以降、この「入れ替わり現象」は週に2、3回の頻度で発生。6月14日の観測では、アルタイルの表面に「バ」や「カ」、ベガには「あ」と「ほ」の文字に似た太陽の黒点のような模様もそれぞれ確認できた。

 原因について、NASAのアラン・スミシー報道官は、現在夏の大三角形付近を通過しているティアマト彗星が両天体に何らかの影響を及ぼしている可能性を示唆した。さらに「この奇妙な入れ替わりを通じて、何者かが宇宙規模でDVDのステルス宣伝を仕掛けているのではないか」と独自の見解を述べると、記者から「ネットに毒されすぎている」と反論を受ける場面もあった。

 NASAでは7月から観測態勢を強化しており、今後さらに注意深く観察を続けるとしている。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<GOODS>「君の名は。」DVDスタンダード・エディション

 この奇跡の物語に、世界中が恋をした
 「君の名は。」Blu-ray&DVD 2017年7月26日(水)発売! 

社主ピックアップ

科学

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ