解約代行付き違約金保障保険、9月から 実質0円プランも
Kyoko Shimbun 2016.08.25 News

解約代行付き違約金保障保険、9月から 実質0円プランも これは嘘ニュースです

激安チラシが実は高額契約な場合も(写真はイメージです)
 9月から日本市場に新規参入する外資系保険会社ポットデ・インシュアランス・インターナショナルは24日、携帯電話販売店などで違約金・契約解除料名目の金銭を請求された場合、全額を保障する違約金保障保険「1890(イヤクゼロ)」を発売すると発表した。パソコンや携帯端末購入時のセット割引に関するトラブルから身を守りたい顧客の獲得を狙う。

 「1890」はパソコンやスマートフォンなどを購入する際に付けられた各種オプションサービスを解約する際に発生する違約金や契約解除料を契約者に代わって支払う保険。違約金を無制限で保障するほか、解約手続きは全て同社の専門担当者が代理で行う。

 携帯電話販売店やパソコン専門店では、様々なサービスを商品とセットで販売することで代金を割り引く販売奨励策が常態化しているが、後日これらサービスの解約を申し出ようとすると、解除手数料などの名目で数万円から数十万円の高額な違約金が請求されるなど、詐欺まがいの手口がトラブルへと発展するケースが近年目立っている。

 販売の理由について、同社担当者は「『セットプランだとさらにお得ですよ』と店員から勧められるままに契約したら、使いもしない雑誌購読、見もしない動画配信サービス、使い道のない大容量クラウドストレージ契約、数世代前の型落ちタブレット端末、視野角の狭いフォトフレーム、音質の悪いスピーカーなどの代金まで割賦で請求され、解約しようとすると、恫喝交じりに長々と引き留められた挙句、高額な違約金を請求されるという不快な経験をした方は多いはず。そんな理不尽を味わわないよう、解約手続きまで含め顧客に安心感を届けたい」と説明する。

 保険料は月額1890円だが、来年8月31日までに同社が販売する各種保険商品などとセットで加入した契約者には、総額から保険料相当を差し引いた実質0円の特別キャンペーン価格で提供する(※)。

 「他社にはまねできない外資系ならではの画期的商品と自負していますが、セットプランだとさらにお得です」と担当者は自信を見せる。




(※)●同社が販売する生命保険、火災保険、終身年金など「スーパープレミアム安心プラン16」(月額2万6000円から)への29カ月以上の加入及びエリートエグゼクティブメンバーへの17カ月以上の入会(月額5800円)及び会報「ポットデクラブ」(月額320円)のレンタル購読契約及び日本かまぼこ振興会積立金(月額980円)拠出契約が必要。●ただし「安心プラン」を29カ月以内に解約する場合は契約解除料として1契約あたり掛金18カ月分の解約手数料が別途必要。29カ月以降の解約は12カ月ごとの自動更新で更新週以外の解約申請には1契約あたり掛金12カ月分の解約手数料が別途必要。●エリートエグゼクティブメンバーを17カ月以内に退会する場合は事務手数料として会費12カ月分の解約金が別途必要。17カ月以降の解約は12カ月ごとの自動更新で更新日以外の解約申請には1契約あたり会費12カ月分の手数料が別途必要。●「ポットデクラブ」の購読を中止する場合はカスタマーセンターまで雑誌を返送(送料は本人負担)。紛失等で返送できない場合は2600円(1冊)の買取契約に変更。●日本かまぼこ振興会はいかなる理由によっても退会を認めず契約者の死亡があった場合でもその親族が永代に積立金を支払い続けるものとする。●保険契約には同社が定める信販会社との契約が必要。●金額はいずれも税別表記。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<BOOK>営業と詐欺のあいだ

 モノが売れない時代でも一流の営業マンは売りまくる。彼らは、絶妙なタイミングで商品を薦め、必殺の決めゼリフを持ち、いつの間にか絶大な信頼感を勝ち取り、さらには「あなたは特別な人だ」と自尊心をくすぐりながら相手を気持ちよくさせ、必要のないモノまで買わせてしまう。商品説明などしなくとも、顧客は満足し、騙されたと訴えることもない。詐欺師と一流の営業マンは紙一重。十倍買わせる、きわどい営業のコツと心得を伝授。

社主ピックアップ

経済

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ