Kyoko Shimbun 2016.07.23 News

「ポケモンじゃない」 父親殴った息子を逮捕 これは嘘ニュースです

父親が誤ってゲットしたせっけん
 世田谷署は22日、父親をボールのようなもので殴ったとして、同居している26歳の息子を傷害の現行犯で逮捕した。息子は「父親がポケモンを捕まえてこなかったことにカッとなり殴ってしまった」と供述しているという。父親は頭部打撲で全治2週間のけがを負った。

 同署によると、息子は22日午後2時ごろ、同日配信を開始したスマートフォン向けゲーム「Pokemon GO」(ポケモン ゴー、eは鋭アクセント付き)に登場するポケモンのモンスターを捕まえてくるよう父親に依頼。「ポケモンGO」は、外を歩かないとポケモンが手に入らない仕組みになっているため、自身のスマートフォンを持たせた父親に、ゲームアイテムが補充できる「ポケストップ」まで行き、その近くにいる「プリン」「ミュウツー」という2匹のポケモンをゲット(確保)するよう指示した。

 約2時間後の午後4時ごろ、父親が帰宅。10分ほどして容疑者宅から悲鳴が聞こえたことから、あらかじめ周辺で待機していた署員が容疑者を取り押さえ、傷害の現行犯で逮捕した。

 調べによると、父親は区内のコンビニエンスストア「ミニストップ」に入店。「とろふわプリン」と薬用せっけん「ミューズ」を1個ずつ購入し、息子に手渡したという。

 ミニストップでゲットしたプリンとミューズに腹を立てた息子は、手元にあったボールのようなもの(重さ約50グラム)を父親に次々と投げつけたが全てかわされた。さらに激高した息子は、2階の自室から持ち出したマスターボールのようなもの(重さ約7キロ)を逃げようとする父親の頭部に投げつけて命中させた。父親は病院に運ばれ、頭部打撲による全治2週間のけがを負った。

 取り調べに対し息子は「何のためにスマホを持たせたのか。考えているうちに、怒りが抑えられなくなり殴ってしまった」と話しているという。

 同署では、親子の認識のずれが大きなトラブルに発展する可能性があるとして、早急にポケモン151匹の名前を全て暗記しておくよう保護者に向けて注意を呼びかけている。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<GOODS>ポケットモンスター ソフトモンスターボール

 モンスターボールのぬいぐるみです。転がしても必ず上下正しく止まります。直径11cm。

社主ピックアップ

社会

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ