男同士の「強敵(とも)チョコ」、ブーム拡大
Kyoko Shimbun 2015.02.13 News

男同士の「強敵(とも)チョコ」、ブーム拡大 これは嘘ニュースです

強敵チョコは1千円前後が相場だという
 2月14日はバレンタインデー。近頃では女性同士でチョコレートを送り合う「友チョコ」の習慣が定着してきたが、さらにここ数年、男性同士がチョコレートを送り合う「強敵(とも)チョコ」が男子中高生を中心にブームになりつつある。

 長らく女性がチョコレートと共に男性に気持ちを伝える日とされてきたバレンタインデー。それが次第に「本命チョコ」「義理チョコ」と広がり、今では女性同士で交換する「友チョコ」も定番になってきた。

 だが最近、この時期のチョコレート売り場の風景に異変が見られるようになっているという。

 ある百貨店の売り場担当者は「1、2年前から若い女性に混じって男子中高生が列に並ぶ光景が見られるようになった」と話す。一昔前なら「チョコがもらえないかわいそうな男性が見栄を張るために自分用に買った」と思われていたが、彼らはちゃんとプレゼント用として買っているそうだ。

 このような男性同士で送り合うチョコは「強敵(とも)チョコ」と呼ばれ、スポーツや勉強でライバル関係にある男子がお互いを認める気持ちを伝えるのが目的。その始まりは定かではないが、2011年のバレンタインデーに、日本人メジャーリーガーの川崎宗則選手が、同じくメジャーリーグで活躍するイチロー選手にチョコレートをプレゼントしたことが火付け役となり、日本の少年野球界に伝播。その後、部活動などを通じて男子学生全体に拡大したようだ。

 バレンタイン商戦真っただ中の12日、この日銀座三越の特設会場でチョコレートを熱心に見つめていた男子高校生(17)は1つ3千円の高級チョコを手に「これは強敵チョコじゃなくて本命です……」と頬を赤らめながら話した。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<GOODS>男どうし

 「演歌兄弟」「花の兄弟」「海の兄弟」に続く北島三郎&鳥羽一郎のデュエット第4弾となるシングル。今作も男同士の固い絆がテーマの作品。

社主ピックアップ

社会

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ