厚労省、GPS使った蚊の行動追跡を開始
Kyoko Shimbun 2014.08.29 News

厚労省、GPS使った蚊の行動追跡を開始 これは嘘ニュースです

蚊に取り付けられた小型のデータロガー
 厚生労働省は29日、デング熱の国内感染が確認されたことを受け、東京都渋谷区・代々木公園近くで捕獲した蚊100匹にGPSを利用した追跡装置(データロガー)を取り付け、行動範囲の調査に取りかかったと明らかにした。

 デング熱ウイルスを媒介するネッタイシマカは日本に定着していないとされているが、昨今の温暖化により国内における蚊の生息域に変化が起きている可能性もあることから、厚労省では今回初めて蚊の行動の実態調査に乗り出した。

 同省では代々木公園で捕獲したウイルスを持たない蚊100匹を都から譲り受け、GPSを利用した小型データロガーを取り付けた。渡り鳥の行動追跡にも用いられるデータロガーは逐次、位置データを送信し続けるため、蚊の行動範囲の特定につなげることができる。

 同省の担当者によると、29日朝、代々木公園で放った蚊100匹は、正午現在まだ全く移動していないということだ。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<GOODS>蚊

 夏になると現れて、飛びまわっては血を吸い、肌にかゆみを残していく「蚊」。このゲームは、プレイヤーが蚊になって、とある家族の血を吸っていくアクションゲームだ。

社主ピックアップ

社会

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ