Kyoko Shimbun 2014.03.12 News

「就活失敗で…」 寝袋で列車飛び込みの男性救助 これは嘘ニュースです

 11日午前9時20分ごろ、JR上野駅で全身寝袋姿の男性(21)が芋虫のような体勢でホームから列車に飛び込もうとしていたところ、周りの乗客に取り押さえられ未遂に終わっていたことが分かった。動機について男性は「就職活動が上手くいかなかったため」と話している。

 上野署によると、男性は午前9時ごろ、JR上野駅の男子トイレで寝袋を着用。そのまま地面を這いつくばりながら15分かけて駅構内を移動し、午前9時21分着の山手線(外回り)に飛び込もうとしたところを近くの乗客に取り押さえられ、そのまま駅長室に運ばれた。

 男性は今月都内の私立大学を卒業。昨年から就職活動を続けていたが上手くいかず、「このままでは家族に迷惑をかけてしまう」との不安から、列車への飛び込みを考えたという。

 寝袋姿だった理由については「駅員さんに処理の迷惑をかけたくなかった。今思えば高いところから飛び降りたほうがもっと迷惑をかけずに済んだように思うが、正常な判断力に欠けていたようだ」と涙ながらに話している。男性を迎えに来た父親は「何が息子をここまで追い詰めてしまったのか。これからしばらくは精神的なケアに努めたい」と話した。

 就職活動に詳しい東京都就職支援センターの江口千尋所長は「今の若者は幼いころから『他人に迷惑をかけるな』『国は助けてくれない』を叩きこまれた自己責任世代。この件も『就職活動の失敗は自らの努力不足以外の何物でもない』という自責の意識が過剰に高まった結果によるものだろう。昨今、政治家や一部の成功者によるこの種の発言や失敗を許さない風潮が彼らのような弱者を一層追いつめているようだ」と話す。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<BOOK>経済成長神話の終わり 減成長と日本の希望

 「日本復活のカギは新しい経済成長戦略にある」という政府の物語は、民主・自民問わずいまでもあまり変わらない。しかし、かつては有効だった「経済成長することはよいことだ」というシナリオは、高齢化と人口減が急速に進む現代の日本で、いまでも正しいと言えるのか? そもそも、2002年から07年まで続いた経済成長の間、私たちは「豊か」になったのか?

社主ピックアップ

社会

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ