Kyoko Shimbun 2012.07.20 News

【企画広告】豊島区で男性遺体 現場にはまたトランプ これは嘘ニュースです

事件に使われたものと同型のジャックのカード
 19日未明、東京都豊島区内の公園で、男性が倒れているのを近くを通りがかった女性が発見した。男性は鋭利な刃物で喉を切られて即死していたほか、公園内からトランプの「J(ジャック)」のカードが見つかっており、豊島署では今年に入ってから相次ぐ同様の殺人事件との関連を調べている。

 遺体となって発見されたのは杉並区に住む益田勉さん(21)。通報した女性によると、早朝犬の散歩に出かけたところ、公園で倒れている男性を発見。近づいたところ、喉元から大量に出血していたため、豊島署に通報した。まもなく署員が駆けつけたが、その場で男性の死亡が確認された。

 その後の現場検証で、益田さんの遺体付近から、血で「R」の文字が記されたトランプの「J」のカードが見つかったことから、半年前から続いている同様の連続殺人事件との関連を調べる方針。仮に事件の連続性が確認された場合、一連の「ジャック」事件による犠牲者はこれで5人目になる。

 「ジャック」事件では、時効を迎えた殺人犯や覚醒剤の売人など、社会的に「悪人」とされる人物ばかりが殺されており、インターネットなどでは「因果応報」との声もある。このような見方に対し、警視庁の池口建彦警視総監は「確かに社会的に容認され得ない人物がジャックの標的になっているようだが、法治国家として私刑は断固許されない」として、犯人逮捕に全力を尽くすとともに、市民にも警戒を呼びかけている。

 警視庁では、現在周辺住民への聞き込みのほか、犯人の唯一の遺留品であるトランプの購入ルートなどから解決の糸口を探っていきたいとしている。


●編集部よりプレゼントのお知らせ●

 こんにちは。虚構新聞社主のUKです。いつも本紙をご購読くださりありがとうございます。
 今回本紙当該記事の原案となった小説『誰がための刃―レゾンデートル―』(講談社/1995円)を、著者の知念実希人さんのご厚意により、読者プレゼントとして5冊ご提供いただきましたので、本紙読者限定でプレゼントいたします。

 本作は「第4回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」を受賞したミステリ小説です。末期がんに冒された主人公の外科医、岬雄貴、そして雄貴と出会った謎の少女、沙耶。殺人現場にジャックのカードを残す殺人鬼の正体、そしてその目的とは一体何か。
 それぞれの人物の視点から多面的に描かれるそれぞれの出来事が連関、収斂していき、最後に1つの結末を迎えます。600ページの大著にもかかわらず、最後まで読者をひきつけるエンターテインメント性の高い作品だと思いました。

 ご応募は下に掲載したリンク先「虚構新聞プレゼントキャンペーン 献本応募」をクリックするとメールソフトが起動します。起動しない、他のアドレスから送りたい方は直接応募用メールアドレスを入力してご応募ください。
 また、メール本文には(1)お名前もしくはハンドル名、(2)連絡先のメールアドレス、(3)作者(知念さん)に一言、をご記入の上、メールをお送りください。応募は一人一通までとし、多重応募が明らかになった場合、当選はキャンセルになりますのでお気をつけください。応募締め切りは7月26日までです。
 当選者には知念さんご本人から連絡先メールアドレスへ、後日改めてご連絡差し上げます。献本はアマゾンを通じてお送りしますので、当選の際には住所をお伺いします。また、本紙にて当選者の発表はございませんので、あらかじめご了承ください。

募集は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<BOOK>誰がための刃 レゾンデートル

 スパイス&ハーブのこれまでになかった、詳しくてわかりやすい入門書。料理を中心に家事、美容などさまざまな利用法を掲載。

社主ピックアップ

社会

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ