Kyoko Shimbun 2011.12.19 News

PSヴィータ買ってきた息子を逮捕 父親殴った疑い これは嘘ニュースです

17日発売のプレイステーション・ヴィータ
 世田谷署は18日、ソニーが発売した新型ゲーム機「プレイステーション・ヴィータ」を買ってきた息子(21)が、口論の末父親(48)を鈍器で殴ったとして、この息子を傷害の疑いで逮捕した。父親は頭部打撲で全治1週間の軽傷。

 世田谷署によると、17日夜11時ごろ、容疑者は同日発売の新型携帯ゲーム機「プレイステーション・ヴィータ」を2台購入したのち帰宅。自宅にいた父親に「PSヴィータを2台買ってきたから、一緒に『モンスターハンター』をやろう」と呼びかけたが、父親は仕事の多忙を理由に拒否。容疑者が買ってきたPSヴィータの代金2万9980円とメモリーカード代9500円を父親に請求したところ、「たいしておもしろいゲームがないから今はいらない」と支払いを渋ったため、息子は激高。「今回は買いに行かせなかったのだから、代金くらい払え」などと怒鳴りながら、手元にあった定価10G相当のひのきのぼうで何度も殴打した。

 父親の悲鳴を聞きつけた母親がまもなく119番通報。駆けつけた消防署員はすることがないため、この息子に放水していたが、近所の110番通報によって駆けつけた警察署員が傷害容疑の現行犯で逮捕した。この暴行により父親は頭部に全治1週間に相当する6ダメージほどの軽傷を負った。

 取調べに対し容疑者は「ヴィータを2台買ったのは親子関係修復のため。代金を払わなかったことに怒ったのではなく、わざわざ『今はヴィータにヴィタ一文払わない』と、この日のためにこんなくだらないジョークを練っていたのかと思うと、ひたすらに許せなかった」と供述している。

 世田谷署では容疑者の言い分にも一理あるとしていることから、今回は不起訴処分にとどまるのではないかとみている。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<GOODS>リッジレーサー

 毎回新しいハードが出るたび買ってきてますが、VITA版は本当に酷い。画面はカクカクするしドリフト感が全然爽快じゃないし、コースも少ない、車種も少ない。よくまあこんな未完成品を世に出せたものだと呆れる始末。この怒りをどこにぶつけていいのか分からないので、ここで書きました。絶対買って後悔します。(社主)

社主ピックアップ

社会

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ