「ユッケ、よく焼いて食べて」 消費者庁呼びかけ
Kyoko Shimbun 2011.05.04 News

「ユッケ、よく焼いて食べて」 消費者庁呼びかけ これは嘘ニュースです

生のユッケ
 富山県などの焼肉チェーン店で起きたユッケによる食中毒事件で、3日、消費者庁は連舫大臣を議長にした緊急対策会議を開いた。会議では生食品の危険性について担当官から事件の経過や今後の対応策の報告を受けたあと、「ユッケはよく焼いて食べてほしい」と、今後啓発活動を強めていく方針で一致した。

 議長を務める連舫大臣は、会議冒頭「今回問題になった生肉だけでなく、生食品そのものを徹底的に見直す必要がある。そのために皆さんのお力をぜひともお借りしたい」と述べたあと、担当者から現状報告を受けた。

 報告では、生食用食肉の流通基準が事実上形骸化しており、非生食用の食肉がそのまま出荷されていたことが事件の背景にあると指摘。今後、厚生労働省と協議した上、生食用食肉の管理を強めていくことが確認された。

 また、出席者からは「そもそもユッケのような生肉を食べることに問題がある。ユッケも焼くなりして火を通すべきだ」との意見も上がった。この発言に大臣も賛意を示し、会議終了後、取材陣に「ユッケはよく焼いて食べてほしい」と、広く国民に呼びかけた。

 会議では生食そのものの危険性についても議題として取り上げられた。今後は生肉のみならず、生魚、生麦、生米、生卵、生チョコ、生ビールの販売についても法的な規制を設け、焼肉、焼き魚、焼き麦、焼き米、焼き卵、焼きチョコ、焼きビールの形でのみ流通を許可する方針を確認した。

 なお、出席者の間で意見が分かれた「生足」については、焼き足ではなく、ニーソックス着用を義務付けることで決着した。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<BOOK>絶対領域 Amazon限定版

 無防備な日常にひそむ一瞬の“チラリ”。 本書は「絶対領域」と呼ばれる、スカートとひざ上ソックスの間に出現する“ふともも部分”のみを集めた、究極のフェチ写真集です。

社主ピックアップ

社会

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ