Kyoko Shimbun 2009.10.02 News

甲子園支えた「声」、今年で引退 これは嘘ニュースです

 夏の風物詩、高校野球。響き渡るプレイボールのサイレンを聞いたことのない人はいないだろう。戦後まもなく再開されてから今日にわたるまで、サイレンの声を担当していた一人の女性がいた。

 幣原加奈子さんは現在84歳。1946年に夏の高校野球が再開されて以来63年間、この仕事を続けてきた。戦前は手回し式サイレンを使用していたが、戦後GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)から女性の社会進出を活発にするよう指令が出たため、手回し式サイレンと同じ音を声として出せる女性を採用することになった。この時選ばれたのが、当時甲子園球場で氷を売り歩いていた幣原さんだった。

 「高給に釣られたんですよ」と、幣原さんは笑いながら語る。しかしそもそも機械音であるサイレンを人間がまねるには相当の苦労があった。「ア」の音では音がこもらず、「オ」の音では音がこもりすぎる。数カ月間に渡る試行錯誤の結果、「ナ」の音に少し「ア」を加えることで、サイレン独特の音を再現できるようになった。

 「正確に表現すると『ノナァ~~~~ァ~~~』という感じですかね」と、幣原さんは教えてくれた。

 高校野球再開当初は、設備もまだ十分でなかったため、幣原さんはマイクを使わずサイレン音を発声していた。そのため最初の頃はのどをつぶしてしまうことが多かったという。また、1958年の第40回大会で幣原さんは骨折で入院。あわてて別の女性を代理として立てたが、いつものサイレン音とかけ離れていたため、客からの苦情が殺到。その結果、静岡にある幣原さんの病室にマイクを設置し、甲子園に中継したこともあった。

 「あとで代理の方のサイレンを聞いたら『ノナァ~~~~ォ~~~』って叫んでるんですよ。やっぱりあの声は私にしか出せないんでしょうねえ」と、幣原さんは当時を思い出す。

 そんな幣原さんも、寄る年波には勝てなかった。ここ数年は大声が出せなくなったため、マイクのボリュームを上げて対応していたが、ついに今年を最後に引退を決意した。今後は地元の草野球大会などで活動するという。

 幣原さんの後任はまだ決まっていない。後任人事について甲子園の広報担当者に聞いてみた。

 「いや、普通のサイレンに戻しますよ。」(広報担当者)

 よく考えてみればもともとサイレン音なんだから普通にサイレンを使えばよかった――。子供でも分かる答えだが、誰一人としてこの事実を幣原さんに伝えることはできないだろう。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

社主ピックアップ

スポーツ

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ