Kyoko Shimbun 2007.12.20 News

フィンランド人を逮捕 大麻密輸で これは嘘ニュースです

特別便で到着したセント・クラウス容疑者(96)
 関西国際空港署は20日、フィンランドから大麻草30キロを密輸しようとしたとして、自称フィンランド国籍のセント・クラウス容疑者(96)を大麻取締法違反と関税法違反の疑いで逮捕した。押収した大麻は、同空港では過去最大量に達する。

 調べによると、クラウス容疑者は20日フィンランドからサンタクロース特別便に乗って来日。21日から日本各地でクリスマスイベントに参加する予定だった。押収された大麻はプレゼントを詰める袋の中に入っており、同署では「これほど堂々と大麻を持ち込もうとした事例は初めて。」と述べている。持ち込んだ大麻草30キロは末端価格1億1000万円相当にのぼる。

 クラウス容疑者は「自分はサンタクロースだからばれないと思った。もったいないので、押収した大麻は子どもたちの枕元に届けてほしい。」と供述しているという。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

社主ピックアップ

社会

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ