Kyoko Shimbun 2019.05.10 News

バンクシー?の「『バンクシー?のネズミの絵』見物客の絵」に見物客殺到 東京 これは嘘ニュースです

バンクシーの作品らしき「バンクシーの作品らしきネズミの絵」に殺到する見物客の絵
 英国の覆面芸術家バンクシーの作品によく似た「『バンクシーの作品らしきネズミの絵』に殺到する見物客の絵」が9日、東京都内で見つかり、周辺は多くの見物客でにぎわっている。

 バンクシー風の絵が見つかったのは港区内にある都が所有する公共施設のコンクリート壁。今年1月に同区の防潮扉で見つかり、今月8日まで都庁で一般公開されていた「バンクシーの作品らしきネズミの絵」に殺到する見物客の様子を描いたものとみられる。

 一般公開が終了した直後の発見ということもあり、発見場所には早朝から見物客が殺到。訪れた人はスマートフォンで撮影するなどしていた。

 バンクシー本人が描いたものかどうか不明だが、ある専門家は「本物かどうかも分からない絵を見に3万5千人もの人々が集まった奇妙な光景を切り取っている。いかにも本物らしさが感じられる」との見方を示す。

 都では、今回見つかった「バンクシーの作品らしき『バンクシーの作品らしきネズミの絵』に殺到する見物客の絵」についても、保管や公開を検討しているが、公開されれば再び多くの見学者でにぎわいそうだ。

<バンクシーに詳しい京都大学芸術学部・坂本義太夫教授の話>
 バンクシー先生の次回作『バンクシーの作品らしき『バンクシーの作品らしき『バンクシーの作品らしきネズミの絵』に殺到する見物客の絵』に殺到する見物客の絵』にご期待ください。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<BOOK>Wall and Piece【日本語版】

 イギリスのロンドンを拠点に活動する覆面芸術家バンクシー。ロンドンのテート・モダンや、ニューヨークのメトロポリタン美術館への無許可展示など、常にスキャンダラスなパフォーマンスで話題の人物。世界中の壁、橋、街の動物園など、あらゆるストリートの一角に、ウィットに富み、破壊力のあるグラフィティで彩りを与えることを仕業としている。そのモチーフは大量破壊兵器を持った猿、スマイリーマークと警察官、ドリルや傘を持ったネズミなど、世界を風刺したものが多い。
 バンクシーは多くの作品を残しているが、その素性はいまだ多くの謎につつまれている。新旧合わせた彼の代表作を初めてオールカラーで網羅した待望の日本語版が、ついにリリース!!!

社主ピックアップ

文化

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ