省庁再々編、「平和省」ほか4省統合案 政府検討
Kyoko Shimbun 2018.08.06 News

省庁再々編、「平和省」ほか4省統合案 政府検討 これは嘘ニュースです

政府の省庁再々編案
 財務省や文部科学省など、中央省庁の官僚による不祥事が相次いだことを受け、政府が現在の1府12省庁を4省に再々編する検討に入っていることが、関係者への取材でわかった。省庁を減らして官邸の目を光らせることで、綱紀粛正を徹底させる狙いがあるとみられる。

 橋本龍太郎首相(当時)が行政改革の一環として掲げた、1府12省庁からなる省庁再編は、01年の移行から17年が過ぎ、さまざまな問題点が浮き彫りになりつつある。財務官僚による森友・加計学園問題に関する公文書改ざん、高度プロフェッショナル制度に関する厚労省の不適切データ問題、文科省幹部の相次ぐ汚職逮捕など、官僚による一連の不祥事は、再編によって一旦はスリム化した行政が、税の食べ過ぎでリバウンド(再肥大化)してきた兆候だと指摘する専門家もいる。

 政府案では、現在の省庁を4省に統合して再スリム化を図る内容が主な柱となっている。外交を担う防衛省、外務省を「平和省」、法秩序を担う法務省、国家公安委員会を「愛情省」、国民の物質生活を担う財務省、農水省、経産省、国交省、厚労省の5省を「豊富省」、教育や放送・通信などを担う内閣府、文科省、環境省、総務省の4省を「真理省」にそれぞれ再編する。

 官僚の間からは「省庁にせよ政党にせよ、国民の不信が高まった組織は、看板を掛け替えるのが政界の定石。だが実態は何も変わらない」と冷ややかな声が早くも聞かれる一方、政府関係者は「官僚だけでなく、国民の公私全体にまで官邸の目が行き届くよう、速やかに法整備を進めたい」と意気込んでいる。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<BOOK>一九八四年[新訳版]

 “ビッグ・ブラザー”率いる党が支配する全体主義的近未来。ウィンストン・スミスは真理省記録局に勤務する党員で、歴史の改竄が仕事だった。彼は、完璧な屈従を強いる体制に以前より不満を抱いていた。ある時、奔放な美女ジュリアと恋に落ちたことを契機に、彼は伝説的な裏切り者が組織したと噂される反政府地下活動に惹かれるようになるが…。二十世紀世界文学の最高傑作が新訳版で登場。

社主ピックアップ

政治

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ