ダイコンの大幅軽量化に成功 レンコン遺伝子導入 
Kyoko Shimbun 2018.01.22 News

ダイコンの大幅軽量化に成功 レンコン遺伝子導入  これは嘘ニュースです

レンコンのような空洞を持つレンダイコン
 東北バイオ農業大学(岩手県)の研究チームは20日、中にレンコンのような空洞を持つ新種のダイコン「レンダイコン」の開発に成功したと発表した。大幅な軽量化によって、運搬や調理などさまざまな問題解決が期待できるという。

 レンダイコンは、ダイコンにレンコンの遺伝子を導入して掛け合わせてできた新種の根菜。中身のつまったダイコンは、約1キロにもなるその重さから、運搬にかかる負担が大きく、また農業従事者の高齢化が進むにつれ、収穫の面からも、ダイコンやカボチャなど重量級野菜の軽量化は農業関係者にとって喫緊の課題となっていた。

 レンコンの遺伝子を組み込んだレンダイコンは、内部にレンコン状の空洞を持つため、見た目を変えないまま、最大で62%の軽量化に成功した。普通のダイコンと同じ土壌で栽培できるため、価格も同程度になる見込み。

 重量あたりの価格が上昇することから、会見では「実質的な値上げではないか」という質問が出たが、開発を主導した蓮根未来助教は「『大きくて食べきれない』『重くて腕が疲れる』という消費者の声を反映させた」と説明する。

 新野菜レンダイコンは、野菜価格高騰にあえぐ家計へのとどめの一撃となりそうだ。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<BOOK>だいこん だんめん れんこん ざんねん

 「かがくのとも」48号に『だんめんず』という作品があります。その世界を地球にまで広げて改訂版としたのが181号の本作品でした。今回新たに「かがくのとも絵本」に加わることになりました。「中がどうなっているか知りたい! 」と思う気持ちは、おとなにも子どもにもあることでしょう。果物から、建築物、海の底まで、切ることによって現れる新鮮な視点の広がりを、作者一流のユーモアとともに楽しみましょう。

社主ピックアップ

科学

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ