キャンプ場管理人に金品 滞在の便宜図った疑い
Kyoko Shimbun 2017.12.14 News

キャンプ場管理人に金品 滞在の便宜図った疑い これは嘘ニュースです

金品授受の瞬間(本紙特別取材班撮影)
 キャンプ場の滞在期間を延長する見返りとして、キャンプ場を管理する男性が利用客から賄賂を受け取っていたことが本紙特別取材班の調べでわかった。公平なキャンプ場利用を妨げる贈収賄の罪に問われる可能性がある。

 12月初旬、「キャンプ場の管理人が利用客から金品を受け取っているのを見た」「ブランコで遊んでいたら、急に追い出された」という匿名の告発メールが複数本紙に寄せられた。

 取材班では直後からキャンプ場周辺で関係者から事情を聞くなどして取材を進めていたが、11日、利用客が場内で管理人の男性に金品の入った袋のようなものを手渡す瞬間を撮影した。その後の取材で、中には綿と木材(230円相当)が入っていたことが判明している。

 本紙の取材に対し、男性は「余っていたものを謝礼として分けてもらっただけ。滞在期間とは関係ない」と自ら金品を要求した事実はないと否定しつつも、受け取った事実そのものは認めた。ただし、金品を渡さず雑談にだけ応じていた利用客は、管理人から突然退去を命じられ、周辺の海岸や果樹園内での野宿を余儀なくされていることから、実際にはキャンプ場滞在を延長する便宜を図った見返りとしての色合いが濃いとみられる。

 キャンプ事情に詳しい専門誌「少年キャンプ」の森編集長は「本来キャンプ場は利用客がみんなで楽しく利用する場所。定員を設けたせいで利用者がいつ追い出されるかおびえるあまり、賄賂に手を染めるような悲しい仕組みにしないでほしい」と話す。

 受け取った金品の使い道について、男性は「説明もなく急に背負わされたキャンピングカー改装のローン返済に充てた」と説明している。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<BOOK>動物農場〔新訳版〕

 飲んだくれの農場主ジョーンズを追い出した動物たちは、すべての動物は平等という理想を実現した「動物農場」を設立した。守るべき戒律を定め、動物主義の実践に励んだ。農場は共和国となり、知力に優れたブタが大統領に選ばれたが、指導者であるブタは手に入れた特権を徐々に拡大していき…。権力構造に対する痛烈な批判を寓話形式で描いた風刺文学の名作。『一九八四年』と並ぶ。オーウェルもう一つの代表作、新訳版。

社主ピックアップ

社会

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ