「0犬0」「0猫0」… 電話番号、絵文字導入へ 番号枯渇に対応
Kyoko Shimbun 2017.09.01 News

「0犬0」「0猫0」… 電話番号、絵文字導入へ 番号枯渇に対応 これは嘘ニュースです

絵文字を導入した新番号案
 携帯電話番号の割り当て問題について有識者らで話し合う「電話番号の枯渇に関する検討委員会」は31日、「0X0」で始まる電話番号の「X」部分に絵文字を導入する検討に入った。2千種以上ある絵文字を加えることで、将来的な番号枯渇に対応できるようになるという。

 総務省では毎年1千万~1500万件の番号を割り当てているが、携帯契約件数の急増に伴って番号枯渇が課題になっていた。現在「090」「080」「070」に続き、「060」の導入を進めているが、数字の組み合わせだけでは増加ペースに追いつかないのが現状だ。

 委員会では当初、アルファベット案も検討されたが、「26文字の拡張では焼け石に水」「0(ゼロ)とO(オー)、2とZが区別しにくい」など否定的な意見が相次いだ。また現在の11桁から、10倍の110桁まで増やす案も出たが「通販会社の語呂合わせ担当者がかわいそう」として同じく検討対象から外された。

 300回目の開催となった31日の委員会で、絵文字の導入が最適との結論に達した。現在2500種類を超える絵文字は識別性が高く、また今後も追加されていくため、枯渇はないと判断した。また、日本発祥の絵文字は2010年から国際規格「emoji」として採用、世界中の利用者に広く親しまれていることから、世界に向けて日本文化を謙虚にアピールするうえでも適当との意見もあがった。

 今後は東京オリンピック・パラリンピックが開かれる2020年の導入に向けて、具体的なスケジュールを検討する。第1弾として「0犬0」「0猫0」を導入する見通しだ。またマンション投資勧誘会社専用に「0マンション0」を割り当てるなど、着信拒否設定の利便性を高めるための対策もあわせて行う方針。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<BOOK>誰も触れない 不動産投資の不都合な真実

 アベノミクスによる日本経済の回復、東京オリンピックの開催などの影響で活況をみせる不動産業界。その勢いに押されるように、個人投資家による不動産投資も急増している。
 しかし、彼らを後押しした不動産会社のシミュレーションやデータに、不都合な真実が隠されているとしたら……。
 購入から管理、運営までを業者に頼るしかない個人投資家たちを餌食にする不動産投資のカラクリを、業界に席を置く著者自らが暴き出す。

社主ピックアップ

社会

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ