「コガネクワガタカブトムシ」も作れる 人工昆虫キットが人気
Kyoko Shimbun 2017.08.28 News

「コガネクワガタカブトムシ」も作れる 人工昆虫キットが人気 これは嘘ニュースです

3本角のコガネクワガタカブトムシ
 科学玩具メーカーのパラケルが7月に発売した人工昆虫製造キット「ぴゅうぱ」が人気だ。価格は5万9800円(税別)と高価だが、既に初期出荷分の2千セットは完売。夏休みが終わるのを前に、宿題提出に追われる小学生が昆虫採集や観察日記用に買い求めているようだ。

 チョウやカブトムシなど成虫に変態する一部の昆虫は、さなぎの中で溶けたタンパク質のスープのようになっていることが知られている。4年前、成虫のもとになるスープの人工合成に成功した同社はぴゅうぱを開発。液状の「カブトムシのもと」や「クワガタムシのもと」をさなぎに似た専用のパックに注いで土の中に埋めると、数日で成虫が羽化する仕組みだ。

 「カブトムシのもと」を10袋入れて10倍大きいカブトムシを作ったり、数種類の「もと」を混ぜ合わせてオリジナルの昆虫を合成したりすることもできる。カブトムシとクワガタムシとコガネムシのもとを混ぜて羽化させれば、金属光沢に覆われた3本角の甲虫「コガネクワガタカブトムシ」のように、小学生が安直に考えた「最強の甲虫」を作ることもできる。

 ヒットの理由について、パラケル社広報は「最近、同じ種類の虫をたくさん捕まえると『ダブっていらない虫は合成して強くしたい』と話す子どもが増えています。スマートフォン向けカードゲームの影響だと思いますが、ゲーム感覚で本物の虫を合成・強化できる『命をもてあそぶ快感』が子どもの好奇心を刺激したのではないでしょうか」と分析する。

 昨秋に発売した、ウマオイムシの羽部分を取り外して、鈴虫、コオロギ、キリギリスなどの羽に換えることでさまざまな虫の鳴き声を奏でるモジュール式ウマオイムシ「Switchon(スイッチョン)」も品薄状態が続いていることから、同社の好業績は当分続きそうだ。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<BOOK>pupa新装版

 謎のウイルスに感染し、人を喰う化け物になった少女、長谷川夢。無限に再生する身体になり、妹の〝生き餌〟として生きる事を決めた青年、長谷川現。
 異常なまでに深い、究極の兄妹愛を描くテン年代至高のカニバリズム・ファンタジーを全3巻にリメイク‼

社主ピックアップ

経済

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ