太陽系外から人工電波 解読に成功 英研究所
Kyoko Shimbun 2017.05.19 News

太陽系外から人工電波 解読に成功 英研究所 これは嘘ニュースです

千葉電波大学丸山電波観測所
 英グリニッジ電波研究所は18日、太陽系外から発信されていた人工電波の解読に成功したと発表した。発信源には高度な文明を持つ知的生命体が存在する可能性が高いとして、今後地球側からアプローチをかけて詳しく調査に乗り出す。

 人工電波の発信源はかに座領域に位置する。この人工電波は16年9月、千葉電波大学丸山電波観測所の電波望遠鏡が初めて観測して以来、継続的に発信が続いており、各国で解析が進められていた。

 観測された電波は同じパターンの波形が512秒間隔で繰り返されていることから、グリニッジ電波研究所では何らかの人工的な装置から発信されたものであると推定。また、パターンの中に繰り返しや共通部分など言語的な法則性が見られたため、物理学や言語学などの専門家からなる共同研究グループを1月に立ち上げ、内容の分析にあたっていた。

 メッセージの分析は難航を極めたが、4月上旬、研究者の1人が電波強度をアルファベットに置き換えたテキストをエキサイト翻訳にかけたところ、大まかに意味の通るメッセージになることを発見。これを手掛かりに分析を進め、完全解読に成功した。

 判明したメッセージの本文は「強力電波発信装置、格安にて販売。送料無料、在庫有り」。研究所ではこの装置を注文するため、発信源まで届く強力な電波発信装置の開発に乗り出す方針だ。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<BOOK>五〇億年の孤独:宇宙に生命を探す天文学者たち

 宇宙にはわれわれのほかに知的生命が存在するのか? 1960年代にさかのぼるSETI以来、このいわゆる「ET(地球外知的生命)」を現実に探す試みは営々と続けられてきた。いまや「来たる20年で必ず見つかる」と断言する研究者が出てきており、系外惑星ハンティングの隆盛とともに、「未知との遭遇」がいよいよ現実になる機運が見えてきたのだ。
 太陽系外に生命と生命の棲む惑星を探す者たちの、幾多の困難にもめげない不屈の肖像を、豊富なインタビューをもとに、研究の歴史と最先端を紹介しながらヴィヴィッドに描く。

社主ピックアップ

科学

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ