米粒に「円周率」器用さ競う 秋田
Kyoko Shimbun 2016.04.08 News

米粒に「円周率」器用さ競う 秋田 これは嘘ニュースです

優勝した山毛欅さんの米粒文字
 米粒に円周率をどこまで正確に書けるか――。手先の器用さを競う大会が7日、秋田県白神村で開かれた。

 特産品あきたこまちのPRを目的に、白神村観光課が主催する「一粒祭り」は、今年で3回目。中でも米粒に極小文字を書き込む「米文字コンテスト」が人気で、第1回の寿限無、第2回の般若心経に続いて、今年は円周率をテーマに選んだ。過去2回では、どちらも全文字を書き切ってしまう強者が続出したため、今年は文字数以上に正確さを重視することにした。

 顕微鏡を使わないと見えない折り鶴を折った女性や、アリの脚に入れ墨を彫った男性など、大会には全国から器用自慢の37人が参加。参加者らは、幅3ミリ、長さ5ミリのあきたこまちに、それぞれ持参した道具で数字を書き込んでいった。

 まだ肌寒さが残る会場で、多くの参加者が細かく震える指先に悪戦苦闘するなか、印刷会社に勤務する初参加の男性がレーザー彫刻機で縦横32文字の計1024桁を書きこむと、観客からはその正確さに大きなどよめきが起こった。

 大会は白神中学校2年の山毛欅さんがπと書き込んで優勝した。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<GOODS>ミニ レーザー彫刻機 レーザー加工機 並行輸入品

 卓上小型、軽量、高性能のレーザー彫刻機です。小型ながら広い加工範囲で、ホビー、業務用に幅広くお使いいただけます。

社主ピックアップ

社会

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ