Kyoko Shimbun 2016.02.29 News

4年に1度「腐肉の日」 各地で試食会 これは嘘ニュースです

何かの腐肉のステーキ(画像は一部加工しています)
 4年に1度のうるう年にあたる2月29日の「腐肉の日」に合わせ、腐肉を味わう試食会が各地で催される。

 腐肉の日は、2(ふ)2(に)9(く)の語呂合わせから、2000年に正式な記念日として制定。以降、うるう年には全国各地で腐肉の試食会や、腐肉の魅力について語り合うシンポジウムが行われている。

 東京都品川区にある腐肉専門のフレンチレストラン「シャンゼリゼ・オブ・ザ・デッド」では、記念日制定以来恒例の腐肉を使ったフルコースを提供。かつてミシュランで3つ星を獲得したこともある店内には、28日夜から客が集まり、カウントダウンで腐肉の日を祝った。

 この日はオーストラリアの炎天下で1週間放置した肉牛を使ったローストビーフなど、前菜からデザートまで腐肉を使った特別のフルコースが振る舞われた。その多くは何の肉か判別が困難なほど腐敗が進んでいた。

 腐肉料理の魅力について、オーナーシェフの根黒愛さんは「このフルコースとともに店名に「オブ・ザ・デッド」を付け加えた翌日、ミシュランに怒られて星を剥奪されたが、腐肉の味とその後にやってくる腹痛の魅力はそれを補って余りある」と語る。

 月に2回は来店するという男性客は「腐肉の日に食べる腐肉は格別。4年待ったかいがありました」と、腐臭漂う店内で腐ったローストビーフを小虫ごと味わっていた。

 29日は午後からも、全国各地で期限切れ鶏肉を使った腐肉料理や横流し廃棄カツの試食会が開かれる予定。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<GOODS>【第2類医薬品】ストッパ下痢止めEX 24錠

 生薬ロートコンから抽出したロートエキスが、腸の異常収縮を抑え、腸内での便の移行スピードを抑えます。さらに、タンニン酸ベルベリンが腸粘膜の炎症を抑えるとともに下痢の原因菌を殺菌し、食あたり・水あたり等の下痢に効果を発揮します。

社主ピックアップ

社会

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ