Kyoko Shimbun 2016.02.25 News

アンドロイドアプリ「虚構新聞」配信のお知らせ

 虚構新聞社(滋賀県大津市)は25日、アンドロイド向けニュースアプリ「虚構新聞」の無料配信を開始しました。2015年10月にリリースしたiOS版と同じく、快適な記事閲覧、音声放送「虚構新聞ニュース」、連載4コマ「虚構漫談」などのコンテンツを1本で楽しむことができます。記事配信時には更新情報もお知らせします。

 アンドロイド向けアプリ「虚構新聞」は、iOS版に引き続き株式会社NagisaWorks(滋賀県草津市)が製作。同社にとって今回が初めてのアンドロイドアプリとなります。

 主な特徴は以下の通りです。

 ・iOS版同様、ブラウザより圧倒的に速いスピードでの閲覧とフリック中心の使いやすい操作。

 ・新しい記事の配信通知機能で、記事の見逃しがなくなります。今年開始したおすすめ記事の紹介「虚構新聞アーカイブス(@KyokoArchives)」も通知します。

 ・音声放送「虚構新聞ニュース」(インターネット放送局プレイと共同制作)の再生機能、4コマ漫画「虚構漫談」(市田先生)のバックナンバーも読めます。

 ・Twitter、Facebook、はてなブックマーク、LINEとの連携機能で手軽にソーシャル投稿ができます。

 今回のリリースについて、本紙社主UKは「i文庫をはじめ、これまでNagisaWorksさんがリリースしてきたアプリは全てiOSのみだったので、アンドロイド版ができるとは思ってもいなかった。新アプリのリリース以降、編集部にはアンドロイド版の要望が多く寄せられていたが「iOS専門の会社なので」と諦めてもらっていた。結果的に嘘になってしまって申し訳ない」との謝罪コメントを発表しました。

 まもなく累計2万ダウンロードのiOS版ともども、本紙アプリをよろしくお願いいたします。

アプリのダウンロードはこちらから



虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<BOOK>虚構新聞2013

 「和式便器の生産終了。318年の歴史に幕」「橋下市長、市内の小中学生にツイッターを義務化」「安倍新総裁、『3500円カレー』報道に激震 政界再編も」など、虚構新聞社が世間を騒然とさせたニュースから、同社がまさかのお詫び文を掲載することになったニュースまで、世紀のパロディーニュースを一挙大収録。

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ