「声にムラムラ」 117番12万回繰り返した男を逮捕
Kyoko Shimbun 2015.12.03 News

「声にムラムラ」 117番12万回繰り返した男を逮捕 これは嘘ニュースです

押収された男の携帯電話
 京都府警は2日、嫌がらせの117番を半年間で約12万回繰り返したとして、京都市南区の男(51)を業務妨害の疑いで逮捕した。男は電話をしたことは認めているが、嫌がらせ目的については否認している。

 京都府警によると、男は今年6月から毎日1千回以上、携帯電話から理由のない117番を繰り返し、NTT時報お知らせセンターの業務を妨害した疑いがある。男が電話を頻繁に繰り返したことで、10月には担当する女性オペレーターがのどを痛め、一時深夜の案内サービスを中止するなど業務に支障をきたしたことから、男の逮捕に踏み切った。逮捕直前の11月28、29日には電話の回数が約2万回まで急増していた。

 調べに対し、男は「時報の声にムラムラしてやった」と電話を繰り返しかけたことを認める一方、業務妨害の意図については「嫌がらせではなくオペレーターへの好意」と容疑を否認しているという。また11月末に回数が増えた理由については「これまで何度語りかけても不愛想な時報しか返ってこなかったが、ふと聞こえた気がした『ありがとう』という声を確かめたかったから」と供述している。女性オペレーターは「時刻以外に話したことはない」という。

 今回の事件を受け、センターでは来年からオペレーターによる人力でのカウントを終了し、中性的な合成音声を採用した自動案内に切り替えると発表した。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<BOOK>時の声

 宇宙の彼方から送られてくる謎の信号。プールの底一面に不可解な模様を刻みつける生物学者。遺伝子異常を起こし始める生物たち。そして人類は日々長くなる眠りに陥る……。
 バラードが自身の代表作と評した傑作「時の声」ほか、凋落したかつてのプリマドンナと、過去の音を清掃する口のきけない青年の奇妙な触れ合い「音響清掃」など7編を収録。鬼才作家の第1短編集。 

社主ピックアップ

社会

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ