佐野エンブレムさん死去 享日39
Kyoko Shimbun 2015.09.02 News

佐野エンブレムさん死去 享日39 これは嘘ニュースです

誕生日の佐野エンブレムさん(右)
 2020年東京五輪・パラリンピックの広報活動を担う予定だった佐野エンブレムさんが1日午後、渋谷区内の病院で死去した。享日39。

 2015年7月24日、東京生まれ。東京五輪・パラリンピックのシンボルとして都庁前で産声を上げた。

 デザインとしての美しさ、新しさ、強さ、展開力から将来を嘱望されたものの「まがい物ではないか」との指摘が相次いでからは公に姿を見せることが少なくなっていた。

 関係者によるとエンブレムさんは8月から度重なる集団暴行を受けたことによる入退院を繰り返していたが、14日、人違いを理由にベルギー人男性と路上で口論になったことがきっかけで入院していた。

 入院後しばらく容体は安定していたが、この1週間で急激に悪化。集中治療室(ICU)で懸命の延命治療が行われていたものの、1日、父・研二郎さんが限界状況と判断して安楽死を希望したため、延命措置を終了した。28日に医師団が投与した特効薬「ヒチョルト」がとどめを刺した医療過誤の疑いもあるという。

 近親者によると最期の言葉は「もっと光を」。誕生日以外最期まで日の目を見ることがない39日という短い生涯に幕を下ろした。

 その日のうちに行われた葬儀には友人のリスモくんさんのほか、海外の画像で見たことのあるような群衆が次々と駆けつけ、その早すぎる死を悼んだ。後日「お別れの会」は催されない。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<GOODS>ホルツ エンブレムトリハズシキット

 糸を使ってはがしますのでボディをキズつけずにきれいにはがれます。

社主ピックアップ

社会

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ