Kyoko Shimbun 2013.10.28 News

「魔法少女になりたくない」 将来の夢、ついにランク圏外 これは嘘ニュースです

諸悪の根源・暁美ほむら
 5歳から12歳までの女児を対象に文部科学省が毎年行っている「将来の夢」調査結果が28日公表され、長年上位に位置していた「魔法使い(魔法少女、魔女っ子)」が149位まで急落していたことが分かった。1970年の調査開始以降最低を記録した。

 文科省が子どもの職業観を測ることを目的に毎年行っている「将来の夢」調査では、例年「お花屋さん」「ケーキ屋さん」「ペット屋さん」などの職業が上位につけている。また、これら実際の職業と並んで「魔法使い」という空想の職業を挙げる女児も多いため、文科省ではあくまで参考記録としながらも、回答の1つとして公表してきた。

 だが、2011年以降この調査結果に大きな変化が起きている。1970年の調査開始以降、上位10職から外れたことのなかった「魔法使い」が11年には31位に、12年にはさらに順位を落とし59位に急落。13年ではついに記録圏外の149位にまで下がった。

 魔法使い人気の凋落について、報告書では「魔法使いが長年上位に位置してきたのは、『魔法使いサリー』以降、『美少女戦士セーラームーン』、『カードキャプターさくら』、『プリキュア』シリーズなど、女児に夢を与える魔女っ子アニメが定期的にヒットしてきたという背景があるが、11年放送の『魔法少女まどか☆マギカ』(【用語解説】参照)のヒットがこの流れをゆがめた可能性が高い」と分析している。

 また、文科省が同日公表した「将来なりたくない職業」調査結果でも、2011年以前には挙がることのなかった「魔法少女」が「死体洗い」や「政治家」と並んで上位に入っており、魔女っ子人気の低落を裏付けた格好だ。

 50年以上にわたり連綿と続いてきた魔法少女へのあこがれを絶望の淵に追いやったアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」だが、26日から公開が始まった「劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」が、このような不名誉とも言える汚名を返上できるかに注目が集まっている。

 魔法少女に詳しい京都大学黒魔術学部の坂本義太夫教授(悪魔論)は「映画序盤はメルヘンチックな描写が多かったが、なぜか中盤以降の記憶がない」と話した。

【用語解説】:「魔法少女まどか☆マギカ」
 「魔法少女まどか☆マギカ」は2011年1月から放送のテレビアニメ。主人公である魔法少女・暁美ほむらが、クラスの保健係・鹿目(しかめ)まどかに保健室に案内されたことがきっかけで、宇宙に神が生まれる物語。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<BOOK>サユリリ 01―SAYURI&LILY

 ドジな魔女っ娘・さゆりとマジメな魔法使い・リリィの凸凹コンビが大活躍! 新世紀魔法少女ストーリーが待望のコミックに!!

社主ピックアップ

社会

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ