Kyoko Shimbun 2013.03.13 News

震災の記憶つなぐ 奇跡の一本松、全国に設置へ これは嘘ニュースです

故・元「奇跡の一本松」
 東日本大震災の津波に耐えて唯一残った岩手県陸前高田市の「奇跡の一本松」の原寸大レプリカを、全国47都道府県の庁舎前に設置する方針であることが、12日分かった。「震災の記憶を残すため、全国の人々にも実感してもらう」のが目的だという。製作料は1本あたり2億円だが、販売価格は10億円程度を予定している。

 「奇跡の一本松」という名称は、名勝「高田松原」にあった7万本にものぼる松の中で唯一津波に耐えたことから広く知られるようになった。だが震災後流入した海水の影響で枯死が迫ったため、昨年9月、いったん伐採。その後、型取りや防腐処理を施し、心棒にカーボンファイバーを貫通させて、絶対に枯れることがない、別の意味で奇跡的な一本松を作り上げた。

 また、一本松の全てを型取りしたことから、全国から「奇跡の一本松を譲ってほしい」との声が強まっている。市の担当者によると北海道から沖縄まで300件以上の問い合わせがあったという。その多くは自治体によるもので、内陸県であるはずの長野県からも複数注文が来ているほか、集客の目玉にしたいとしてショッピングセンターやパチンコ店からの依頼もあった。

 市では現在対応を検討中だが、自治体への提供に関しては前向きで、都道府県ごとにそれぞれ1本限定、設置場所は庁舎前であることを条件に、10億円程度でレプリカの注文を受けつける見込みだ。

 今後、数百億円規模にものぼると見られる「奇跡の一本松ビジネス」で得た利益について、市では分冊雑誌「週刊奇跡の一本松」や「奇跡の一本松抱き枕」、スマートフォン用カードゲーム「進撃の一本松」といった商品展開のほか、擬人化キャラ「ポン松たん」のデザイン、ならびに「奇跡の一本松音頭」の作曲を公募するなど、マーケット戦略に充てるとしており、当面被災市民の生活向上に還元されることはなさそうだ。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<GOODS>セーラー万年筆 優美蒔絵 奇跡の一本松 2色ボールペン+シャープペンシル

 かつて陸前高田市にありました高田松原は、約7万本のクロマツやアカマツが連なる景勝地でしたが、2011年3月の津波にてほぼすべてが壊滅してしまいました。

社主ピックアップ

社会

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ