Kyoko Shimbun 2013.03.11 News

【企画広告】世田谷の男性殺害事件、殺人サイト「ギデス」で購入か これは嘘ニュースです

被害者の戸村さんが発見された多摩川沿いの河川敷
 06年5月、調布市に住む男性(62)が殺された事件で、殺害を自供した狭山遥美元死刑囚の背後に「ギデス」と呼ばれる殺人事件提供サイトが関与している可能性が高いことが本紙の調べでわかった。狭山元死刑囚は他の2件の殺人事件についても関与を認めたため、1審で死刑判決が確定。09年に刑が執行され、すでに死亡している。

 この事件は06年5月調布市に住む会社員・戸村惣一さん(62)が多摩川沿いをウォーキング中、何者かによって頭部を鈍器のようなもので殴打されたもの。事件発覚当初から犯人の遺留品など物的証拠などが見つからず、捜査は難航を極めていた。

 だが、翌07年12月、狭山元死刑囚が渋谷警察署に自首。その他2件の殺人事件についても自らの犯行であることを認めたため、連続殺人事件の容疑者として逮捕した。

 第1審の東京地裁はこれら連続殺人事件について、被害者の血のついた凶器などを所持していたことから、狭山元死刑囚の関与に疑う余地はないとして、死刑判決を言い渡した。狭山元死刑囚は、その後控訴しなかったため刑が確定。09年、他の2人の死刑囚とともに刑が執行された。

 その一方、狭山元死刑囚は被害者の3人と面識がなかったほか、「殺す動機が分からない」「現場の目撃者が1人もいない」など不明な点も多く、逮捕当時から「『ギデス』から殺人事件を買ったのではないか」と、噂されていた。

 「パーフェクトケース ギデス」と呼ばれるこのインターネットサイトは、完全犯罪を実行するためだけに集まった大規模集団とみられているが、詳細は不明。数千人とも言われる会員たちが共同して犯した殺人事件を売却し、運営資金を得ているという情報もある。

 現在のところ、狭山元死刑囚とギデスに特別な接点は見つかっていないが、ある警察関係者は「仮に冤罪が発覚したとしても、数百人、数千人とも言われるギデスのメンバーを殺人幇助(ほうじょ)で一斉に逮捕することはできないだろう。それほど多くの人数を勾留、収監するスペースを法務省は想定していない。日本の司法制度の弱点を突いたという意味なら、まさに『完全犯罪』だ」と、悔しさをにじませた。


●編集部よりプレゼントのお知らせ●

 こんにちは。まだ髪が伸びない虚構新聞社主のUKです。いつも本紙をご購読くださりありがとうございます。

 今回本紙当該記事の原案となった小説『サイバークライム 悪意のファネル』(原書房/1680円)を、著者の一田和樹さんのご厚意により、5冊ご提供いただきましたので、本紙読者限定でプレゼントいたします。まだ2月15日に発売されたばかりの新刊です。

 本作は『檻の中の少女』、本紙でも以前紹介した『サイバーテロ 漂流少女』に続く、「君島シリーズ」第3作目となる本格サイバーセキュリティ小説。一田さんが専門とされているネットセキュリティの知識がふんだんに盛り込まれています。

 社主も本作を読みましたが、先日話題になった「PC遠隔操作事件」など、普段はあまり意識しない「ネットの安全性/危険性」について、ストーリーを楽しみながら「なるほどー」と、考えさせられる良い機会になりました。ネットセキュリティの問題は時々サイトを炎上させてしまう本紙だけではありません。それは一般ユーザーにとっても意識すべきことで、決して他人事ではないのです。

 ご応募は下に掲載したリンク先「虚構新聞プレゼントキャンペーン 献本応募」にある投稿フォームから、(1)お名前もしくはハンドル名、(2)メールアドレス、(3)作者に一言、をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。

 応募は一人一通までとし、多重応募が明らかになった場合、当選はキャンセルになりますのでお気をつけください。応募締め切りは3月17日までです。

 当選者には一田さんご本人からメールにて、後日改めてご連絡差し上げます。本紙にて当選者の発表はございませんので、あらかじめご了承ください。

献本応募は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。


一田和樹氏の既刊本

檻の中の少女
「息子は自殺支援サイト『ミトラス』に殺されたんです」 サイバーセキュリティ・コンサルタントの君島のもとへ老夫婦が依頼にやってきた。ミトラスは自殺志願者とその幇助者をネットを介在して結び付け、志願者が希望通り自殺出来た際に手数料が振り込まれる…
サイバーテロ 漂流少女
「彼らは核兵器に匹敵する武器を手にしたんです!」。金融取引停止、大規模停電、交通マヒ…二十四時間以内に日本の“システム”が止まる。これは“子どもたち”による復讐なのか!サイバーセキュリティのプロが描く“今そこにある脅威”。
キリストゲーム
「キリストゲーム」と呼ばれる奇妙なゲームが流行し毎日数十人が自殺するように。内閣官房下の諜報組織NIBはゲームの解明に動く!


新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<BOOK>サイバークライム 悪意のファネル

 ネット上のちょっとした悪意を集めて凝縮させる「殺人販売サイト」ギデス。ふとしたはずみで調査することになった君島は、その背後に巨大な「悪意のファネル」の存在を知るが……。

社主ピックアップ

社会

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ