Kyoko Shimbun 2012.01.18 News

「買わなきゃハドソン」 ハチ助さん死去 39歳 これは嘘ニュースです

ハチ助さんとハドソンロゴ
 「買わなきゃハドソン」のキャッチフレーズで知られるゲーム会社「ハドソン」のマスコットキャラクター・ハチ助さんが17日死去した。39歳。3月1日に親会社のコナミデジタルエンタテインメントがハドソンを吸収合併することに伴い、同社の完全消滅が決定したため、17日をもって安楽死処分された。

 ハドソンは1973年設立。当初はパソコン機器の販売を行っていたが、84年、任天堂のゲーム機「ファミリーコンピューター(ファミコン)」に参入。80年代半ばにはシューティングゲームの全国大会「ハドソン全国キャラバン」を大々的に開催するなど、ファミコン業界のトップランナーとして存在感を示していた。またこのキャラバンに登場した「高橋名人」こと高橋利幸さんは秒間16連射で一世を風靡(ふうび)、「ファミコン名人」ブームのさきがけとして広く知られた。

 同社が手がけ大ヒットさせた人気ゲーム「ボンバーマン」「桃太郎電鉄」はパーティーゲームとして今もなお広く親しまれている。また「サラダの国のトマト姫」「北へ。」など一部のユーザーから長きにわたって熱狂的な支持を受け続けるソフトも数多く生み出してきた。

 これらゲーム史の一時代を築いたソフトには全て「HUDSON」のロゴと共にハチ助さんの姿があった。またハチ助さんは同社のテレビCMにも登場。「買わなきゃハドソン」のフレーズは、その後同社の売り上げ不振と共に「買ってもハドソン」という皮肉を生むことにもなったが、それだけこのフレーズが人口に膾炙(かいしゃ)した証でもあった。

 05年、コナミの子会社となったあともハチ助さんは同社の看板として活躍してきたが、今回吸収合併が決まったことにより、ハチ助さんの消滅も決定した。社内では吸収合併が完了する3月1日まで存続を望む声もあったが、ハチ助さん本人の希望により、この日の安楽死が決定した。

 立会人によると、ハドソン社内広報ルームに現れたハチ助さんは、医師からの安楽注射を受け入れ、静かに息を引き取った。

 最期の言葉は「バーイ、ハドソン」だったという。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<BOOK>「北へ。」NOCCHI ART WORKS

 北海道を舞台に、様々な女性との恋愛を描いたアドベンチャーゲーム『北へ。』シリーズ。 当時、新進気鋭のイラストレーターであったNOCCHI氏を起用した『北へ。』は、そのイラストの魅力も相まって人気を博しました。そんな『北へ。』シリーズの第1弾である『北へ。White Illuination』が発売されて、今年で10周年を迎えます。それを記念し、これまでに発売された『北へ。』シリーズのイラストを収録した画集が発売となります。

社主ピックアップ

社会

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ