Kyoko Shimbun 2006.03.21 News

東京が優勝 全国高校生帰宅選手権 これは嘘ニュースです

 全国の高校帰宅部が自宅に帰るまでの時間を競う、第83回全国高校生帰宅選手権が21日、埼玉県・さいたまスタジアムで行われ、約60キロ離れた自宅に帰りついた東京代表の石原光一(17)が優勝した。

 今大会では、昨年の大阪大会で優勝した大阪代表が「会場が自宅から遠すぎる」と抗議、棄権するなど試合前から波乱の様相を見せていた。

 大会で最有力と目されていたのは、開催地・埼玉代表の佐藤太郎(18)。昨年は新幹線を利用しながらも、誤って下り方面に乗ってしまい、総合46位と、最北端の北海道代表にまで敗れる失態を演じたが、「今年は会場に来るルートを逆にたどればいいだけだから大丈夫」と自信を見せた。

 大会開始と同時に飛び出したのは遠隔地・沖縄と、僻(へき)地・島根。沖縄代表の具志堅はさっそくシャトルバスに乗って新東京国際空港へ向かった。注目の埼玉・佐藤は、帰り道にコンビニでおにぎりを買い食い、駅の売店でスポーツ新聞を買うなど、余裕の帰宅態度を見せながら切符を購入。推定帰宅時間40分という断然の地理的優位を見せつけた。

 大会開始40分。すでに佐藤の帰宅予定時刻だったが、佐藤は途中立ち寄ったゲームセンターでクレーンゲームに熱中。交通費を全て使い果たし、20キロの道のりを歩いて帰ることになった。

 ここで一気にトップに立ったのが東京代表の石原。帰宅歴12年の経験を生かし、一気に独走。難関と思われた山手線~東京メトロ乗り継ぎも難なくこなし、無事自宅へ帰宅した。記録は1時間2分46秒。過去大会では、2番目に早い記録となった。

 2位には千葉の佐倉、3位には茨城の土浦がそれぞれ自己最高記録で帰宅した。なお、埼玉の佐藤は、途中駅前で自転車を窃盗したため失格、最下位はヒッチハイクで県入りを果たそうとして、最後までさいたまスタジアムから出られなかった滋賀だった。

【用語解説】:「帰宅部」
 全国の中・高等学校に存在する、帰宅する技術を会得するための部。文科省の統計によると、全国の中高生人口の約20%が帰宅部に所属しているという。所属理由は、「他の部活に興味がないから」という消極的理由から、「全国トップレベルの帰宅技術を身につけたい」という積極的理由まで幅広い。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

社主ピックアップ

スポーツ

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ