Kyoko Shimbun 2015.08.03 News

官邸に宅配ピザなど6千人分 番号流出か これは嘘ニュースです

官邸前に詰めかけた配達員
 2日午後7時から9時にかけて、首相官邸に次々と宅配ピザや寿司など計6千人分の出前が届く事件があった。政府では官邸の電話番号が外部に流出したものとみて、今後警察庁と連携して捜査にあたる。

 警察庁によると最初の宅配があったのは午後6時57分。官邸近くの宅配ピザ店「ピザブラック永田町店」の配達員がピザ20枚を届けに訪れた。当時官邸にいた菅義偉官房長官が官房機密費から代金を支払ったが、まもなく「ドミソピザ」「鉄のさら」「ワタミの宅食」など配達員約800人が2時間にわたって次々と官邸入りした。

 また官邸への配達に追われたため、都内のデリバリーサービスが一般客の注文を一時受け付け停止するなどの影響も出た。届けられたピザや寿司は全て官房機密費で買い取り、その代金は合計(特定秘密)円に上ったという。

 官邸の電話番号は首相や官房長官ら閣僚と限られた職員しか知り得ない国防上の機密事項であることから、現在電話回線を切断して狼煙に切り替えるとともに、情報流出の経緯についても捜査を始める。

 7月31日、内部告発サイト「ウィキリークス」が米国家安全保障局(NSA)が日本を盗聴対象にしていたと暴露したこととの関係性については今のところ不明だが、仮にNSA職員によるいたずらであったことが判明した場合、政府として米国に対し厳重に歓迎の意向を表明する方針。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<BOOK>暴露:スノーデンが私に託したファイル

 国家安全保障局(NSA)と中央情報局(CIA)という合衆国の二大情報機関に籍を置いたエドワード・スノーデンは、自身の運命と膨大な最高機密文書を筆者に託した。稀代の情報提供者の実像と、監視国家アメリカの恐るべき実態がいま、白日の下にさらされる。権力の濫用によって危機に瀕する市民の自由、そして報道の自由―これはもはや、一国の問題ではない…。

社主ピックアップ

社会

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ