Kyoko Shimbun 2015.03.18 News

「強みの相乗狙う」 DeNA、任天堂と業務提携 これは嘘ニュースです

DeNAの人気キャラを任天堂ゲーム機に展開する(共同記者会見より)
 ディー・エヌ・エー(DeNA)は17日、任天堂と相互に株式を持ち合う資本・業務提携を結ぶと発表した。DeNAの人気キャラクターを生かした家庭用ゲーム機向けソフトを共同開発する。キャラクターとインフラそれぞれに強みを持つ両社の提携が生む相乗効果をねらう。

 DeNAが持つゲームキャラクターなどのIP(知的財産:ソフトやキャラクター)を、WiiU(ウィー・ユー)、ニンテンドー3DSといった任天堂のゲームプラットフォーム向けに展開する。

 ポータルサイト「モバゲー」を展開するDeNAは「怪盗ロワイヤル」などスマートフォン向け人気ゲームを多数保有しており、任天堂のゲームユーザーを対象に「エドワード・ベントレー」「オスカー・バッドマン」などDeNAの人気キャラクターを使ったゲームを提供することで家庭用ゲーム機向け事業を強化したいというねらいがある。

 また任天堂は同社が強みとするネットワークインフラをDeNAに提供する。DeNAのゲームアプリでは1つの登録情報があれば、全ての端末間で同じゲームデータを共有することができたが、情報が端末本体に紐づけされるニンテンドーネットワークに移行することで、今後ゲームデータを複数端末で利用する際はその都度データの「引っ越し」が必要になる。

 DeNAの守安功社長は提携の意義について「両社の強みを生かしたスピード感ある経営」を強調。提携先として任天堂を選んだ理由は「(任天堂が)黒子に徹してでも我々と事業をしたいという情熱に満ちていたこと」が決め手になったと説明する。

 また「スマホ向けアプリに消極的になっていくのではないか」との懸念について、守安氏はこれを否定。スマホ向け新規タイトルとして同社が保有する球団・横浜DeNAベイスターズのマスコット「DB.スターマン」と中日ドラゴンズのマスコット「ドアラ」を使ったコラボパズルゲーム「スターマン&ドラゴンズ」を年内にもリリースすると発表した。

 任天堂の岩田聡社長が「30年かけて築いてきたお客様との信頼関係」と強調するニンテンドープラットフォームにDeNAのビジネスモデルを組み合わせたスクラップ・アンド・スクラップ(破壊的破壊)モデルは縮小傾向にあるゲーム業界にとって試金石となりそうだ。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<GOODS>怪盗ロワイヤル

 大ヒットソーシャルゲームの実写ドラマ化‼全国1000万人以上を夢中にさせる大ヒットソーシャルゲーム『怪盗ロワイヤル』。ソーシャルゲームの枠を超え、連載コミックでも人気を博する話題作が、オリジナルストーリーで実写ドラマ化。そして待望のDVD化決定!

社主ピックアップ

経済

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ