Kyoko Shimbun 2014.03.17 News

ドラマ冒頭に注意テロップ 「明日ママ」受け、4月から これは嘘ニュースです

ドラマ「明日、ママがいない」(日本テレビ系)
 全国の放送局で作る「全国放送連盟(全放連)」は16日、児童養護施設を舞台にしたドラマ「明日、ママがいない」(日本テレビ系)が関係団体などから抗議を受けたことを踏まえ、4月から全てのドラマの冒頭部でフィクションであることを明記するテロップを挿入することで合意した。番組冒頭でのテロップ挿入はアニメに続いて2例目となる。

 「明日、ママがいない」では、赤ちゃんポストに預けられた過去を持つ主人公が「ポスト」と呼ばれる設定や、施設長が児童をペットのように扱う心理的虐待とも受け取れるシーンが問題視され、全国児童養護施設協議会などが「施設で生活する子供への偏見を助長する」とした内容の抗議を行った。以降全スポンサーがCM放送を見合わせ、そのまま12日の最終回を迎えるという異例の事態となった。最終回の視聴率は12・8%(ビデオリサーチ調べ)だった。

 事態を重く見た全放連では、この問題について3度にわたり協議を行った結果、これまでドラマの最後に流してきた「この物語はフィクションであり、登場する団体・人物などの名称はすべて架空のものです」というテロップだけでは、今後も視聴者や関係団体がドラマの内容を真に受けてしまう可能性が高いと判断。4月以降放送する全てのドラマにおいて、番組冒頭でフィクションであることを強調するテロップを表示することを決めた。

 番組冒頭に注意を呼びかけるテロップは、97年、アニメ「ポケットモンスター」で視聴者が光過敏性発作を起こした事件をきっかけに今もなお表示している「テレビを見るときは部屋を明るくして、3メートル以上距離を置いて見ましょう」に次いで2例目。

 全放連では、このアニメのテロップを参考に、「テレビを見るときは部屋を明るくして、3メートル以上心理的距離を置いて見ましょう」の表記で統一する方針だ。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<BOOK>またあそぼうねポリゴン

 ポリゴンは、めったに現れない貴重なポケモン。みんなが、ぜひ手に入れたいと思うポケモンです。そんななぞの多いポリゴンのひみつも知りたいはず。このえほんを読めば、ポリゴンの生まれたひみつがわかります。

社主ピックアップ

文化

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ