Kyoko Shimbun 2013.07.31 News

バチスタ執刀中逃亡の偽医者を逮捕 これは嘘ニュースです

バチスタ
 拡張型心筋症に対する手術として知られるバチスタ手術を無資格で行ったとして、練馬署は自称アマ医師の黒井弱太郎容疑者(28)を医師法違反(無資格医業)の容疑で逮捕した。今日午後には黒井容疑者が勤務していた医療法人茂相会「石爺クリニック」(練馬区)にも家宅捜索に入る。

 調べによると、黒井容疑者は28日朝8時、心筋症の男性患者(41)にバチスタ手術を行うため手術室に入室、執刀に入った。

 だが手術開始1時間後、容疑者は「トイレに行ってくる」と言い残して手術室を離れると、そのまま病院から逃亡。2時間待っても容疑者が帰ってこなかったことを不審に思った麻酔医がトイレを確認したところ誰もおらず、また手術チームで手分けして院内を探しても発見できなかったことから、同日正午練馬署に通報した。

 同クリニックには高難度のバチスタ手術を経験した医師が他にいないことから、練馬署では異例の30人体制で捜索。午後2時、西東京市内のメイドちゃんこ「どすこい」で昼食中の容疑者を発見した。入店した警官に気づき、「じぇじぇ」と声をあげて逃げようとした容疑者を確保し、病院まで連れ戻そうとしたところ、「医師免許を持っていない」と話したことから医師法違反の容疑で現行犯逮捕した。

 黒井容疑者は3年前から同クリニックに勤務。普段はすり傷、切り傷、たんこぶの治療に従事していた。だが今月初め、突然「バチスタ手術をやりたい」と言い出すと、当時東城大学医学部付属病院に入院中だった心筋症患者を無理やり転院させ、本人の同意なく手術準備に取り掛かった。不安に思った同僚が尋ねたところ、バチスタ手術は未経験であることを認めたうえで、「伊原剛志にできるのだから、自分にもできる」と、自信を見せていたという。

 手術中逃亡したことについて、黒井容疑者は「試しにメスで胸部を開いてみたら、本物の心臓が目の前で生々しく脈打っていたので急に怖くなった。早く寝て今日のことはなかったことにしようと思った」と供述している。

 28日朝から3日間以上胸部を開かれたまま手術室に放置されている男性患者は、本紙の取材に対し「まるで胸にぽっかり穴が開いたような感じ。誰でもいいから早く再開してほしい」と語った。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<GOODS>あまちゃん 完全版 Blu-rayBOX(1)

 能年玲奈主演によるNHK朝の「連続テレビ小説」シリーズのBOX第1弾。

社主ピックアップ

社会

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ