Kyoko Shimbun 2013.06.14 News

DJポリス、トルコへ デモ沈静に派遣要請 これは嘘ニュースです

巧みな話術で人心を掌握したDJポリス氏
 サッカーの日本代表がワールドカップ出場を決めた今月4日、渋谷に集まった大勢のサポーターに向け、ユーモアを交えながら交通ルールを守るよう呼びかけた「DJポリス」こと20代の男性機動隊員について、トルコ政府が反政府デモの鎮静化のため、男性の派遣を求めていたことがわかった。

 在日トルコ大使館の関係者が明らかにした。現在トルコでは数万人規模のデモ隊がエルドアン首相の退陣を求め、イスタンブール中心のタクシム広場に集結。警官隊は群集に向け催涙弾や放水で応酬しているが、衝突が収まる兆候はない。

 そこでトルコ政府は、数千人のサポーターを相手に「今ここにいる皆さんは12番目の選手です」、「怖い顔をしたお巡りさんも心の中ではW杯出場を喜んでいます」、「おうちに帰るまでが応援です」など、ユーモアを交えて呼びかけを行った機動隊員「DJポリス」に注目。タクシム広場に集うデモ隊を説得・解散させるため、今週初め、DJポリスの派遣を外務省経由で要請していた。

 政府は13日、DJポリスのトルコ派遣を決定。今日にも菅官房長官が派遣について会見を開いて説明するとともに、早ければ来週初めにもDJポリスをイスタンブールに向かわせる。

 男性機動隊員は、本紙の取材に対し「上司から『今回も巧みな話術でよろしく頼む』と言われたが、そもそもトルコ語が話せない」と困惑の様子。「言葉が通じなければ呼びかける意味がない」として、催涙ガスやスタンガンなど非致死性兵器を用いた実力行使によるデモ制圧に意気込みを見せた。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<BOOK>人を動かす心理テクニック

 小泉劇場、民主党マニフェスト、橋下現象、そしてアベノミクス。なぜ国民はポピュリスト政治家の言動に熱狂してしまうのか。それは巧みな大衆操作の手法にある。

社主ピックアップ

国際

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ