Kyoko Shimbun 2013.03.28 News

剛力さん、AKB総選挙に特別枠から立候補 これは嘘ニュースです

元AKB48の前田敦子メンバー
 6月8日に開催されることが決まったアイドルグループ「AKB48」のファン投票「第5回選抜総選挙」に、女優の剛力彩芽さん(20)が立候補することが明らかになった。所属グループ外からの特別枠出馬について、早くもファンからは賛否両論の声が上がっている。

 AKB48の32枚目となるシングル「I・愛・哀」のメンバー選考を兼ねた今回の総選挙は、従来の全員参加から立候補制に変更。すでに脱退・強制卒業したメンバーの立候補も認めるルールに変わったため、昨年AKB48を引退した前田敦子さん(21)らが出馬する可能性も出てきた。

 また選挙制度の変更に伴って今回新たに設けられた特別枠「21世紀枠」から女優の剛力彩芽さんが立候補することがサプライズ発表された。運営では「メンバーに緊張感を持たせるため投入を決めた」としているが、この発表に対しインターネット上では早くも大きな波紋が広がっている。

 誰もが予想し得なかった剛力さんの電撃参戦について、ネットでは「今最もトレンディな剛力さんに勝ってこそ本物のアイドルとして認められる」と評価する声がある一方、「また首を突っ込むのか、ちょっと太目の」という批判の声、「そろそろ事務所も仕事を選んでやれよ」という同情の声、「わしはあっちゃんの髪の毛をそうめんつゆで食べたい」という意味不明な供述などさまざまな意見が飛び交っているのが現状だ。

 芸能界に詳しい京都大学現代文化研究センターの坂本義太夫教授は「次の総選挙はこの平成2大ごり押しの直接対決が台風の目。前田さんは主演ドラマ『花ざかりの君たちへ』(2011年)で最低視聴率5・5%、剛力さんは『ビブリア古書堂の事件簿』(2013年)最終回で月9枠最悪の8・1%をそれぞれ叩き出しており、女優としての実力は別の意味で伯仲している。」と分析する。

 開票結果は6月8日、日産スタジアムで発表される予定。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<BOOK>剛力彩芽 写真集 『 AYAME GOURIKI 』

 8月27日、20歳になる剛力彩芽のこぼれるような笑顔を、3人の写真家、渡辺達生・宮澤正明・橋本雅司が“競写”! 

社主ピックアップ

エンタメ

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ