Kyoko Shimbun 2013.01.16 News

超巨大イカの死骸が漂着 超超巨大イカ捕食か 九十九里 これは嘘ニュースです

世界で初めて撮影に成功したということになっている超巨大ダイオウイカ
 16日午前、千葉県九十九里浜に巨大なイカの死骸が漂着しているのが発見された。通報を受けた署員と専門家が確認に向かったところ、漂着していたのは全長約3メートルのダイオウイカの死骸であることがわかった。死骸の損傷具合から、さらに巨大なイカに襲われた可能性が高いという。

 九十九里署によると、海岸に漂着したのは巨大イカの代表格として知られているダイオウイカ。普段は小笠原近海・水深1000メートル程の深海に生息しているため、今回のように死骸が海岸に漂着することは珍しく、さらに体長が3メートルを超える「超巨大」クラスの個体は生物学的にもかなり珍しい部類に相当する。

 また、この死骸を調査したところ、胴体部分が特に激しく損傷していたことから、同種でさらに大きい30メートル級の超・超巨大ダイオウイカに捕食された可能性が高いという。

 ダイオウイカについては、NHKが13日、特別番組「世界初撮影!深海の超巨大イカ」を放送。16・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の高視聴率を記録した。業界関係者の間からは「栞子さん役はダイオウイカのほうが適任ではないか」との声もあがっている。

 本紙記者が「漂着した個体は先日撮影に成功したダイオウイカではないか」と、ツイッター経由でNHK広報に問い合わせたところ、「事実確認中だが、その可能性は低いでゲソ」との返答があった。また、今後超・超巨大イカの探索に乗り出すか尋ねたところ、「CG制作部のスケジュール次第じゃなイカ」との返答を得た。

 NHKスペシャル「世界初撮影!深海の超巨大イカ」は、17日(木)午前0時25分から再放送される予定。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<BOOK>中の人などいない@NHK広報のツイートはなぜユルい?

 大人気のツイッター・アカウント「NHK広報」の人気の秘密に迫……る?

社主ピックアップ

科学

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ