Kyoko Shimbun 2012.09.10 News

「2ちゃんねるランド」建設を認可、来年開園へ 愛知 これは嘘ニュースです

かつて一世を風靡した「恋のマイアヒ」
 愛知県と犬山市は9日、有栖川不動産が建設許可を申請していたテーマパーク「2ちゃんねるランド(仮称)」の事業計画を認可した。「2ちゃんねるランド」は犬山市が再開発計画の一環として誘致。有栖川不動産は昨年末、市郊外に建設用地50万平方メートルを取得していた。総事業費は120億円。早ければ来月にも着工し、来年10月末の開園を目指す。

 1999年開設の匿名掲示板サイト「2ちゃんねる」は、年間利用者数1200万人を数える国内有数の巨大サイトとして知られている。同サイトでは犯罪予告の書き込みによる逮捕者が絶えないほか、今年3月には違法薬物の取引に利用されているとして、警視庁の家宅捜索を受けるなど、その存在を問題視する声もある。

 だが一方で、「AA(アスキーアート)」と呼ばれる、文字や記号を組み合わせて作られたキャラクターが、2ちゃんねる発として親しまれてもいる。中でも2006年に登場した「やる夫(お)」「やらない夫(お)」と呼ばれるコンビは今でも人気があり、いまや2ちゃんねるの「顔」となりつつある。

 犬山市では、やる夫をはじめとする2ちゃんねるのキャラクターたちが登場するテーマパーク建設について、3年前から2ちゃんねる運営側と交渉を開始。昨年12月、テーマパーク「2ちゃんねるランド」建設で合意に達した。

 事業計画によると、2ちゃんねるランドは東京ディズニーランドとほぼ同面積の50万平方メートル。楕円形をしたパークの中心には、シンボルモニュメントとして、北朝鮮の金日成・正日父子像に匹敵する高さ30メートルのやる夫・やらない夫によるハイキッククロスカウンター像がそびえる。

 夜からは、8年前、2ちゃんねるが火付け役として広くブームとなった「恋のマイアヒ」のメロディに合わせ、「アナロ熊」「日本鬼子」「しまむらくん」「荒巻スカルチノフ」などの人気キャラクターが、電飾のホモォに乗って園内を練り歩くエレクトリカルパレードが楽しめる。特にレストラン「バーボンハウス」2階からの眺めを売りにしたいという。

 2ちゃんねるランドの主な来客層として、建設を担当する有栖川不動産では、「今の若者は初音ミク擁するニコニコ動画文化に流れている」として、ニコニコユーザーから「老害」と呼ばれ始めている、30代以上の独身高齢「2ちゃんねらー」をターゲットに見込んでいる。

 インターネットに詳しい京都大学情報学部の坂本義太夫教授(ウマウマ論)は「社交的で若々しい『リア充(【用語解説】参照)』が集まるニコニコ動画と異なり、2ちゃんねるの利用者は、そもそも外に着て行く服すらないため、さほど集客効果は期待できないのではないか」と、事業計画を疑問視する。

 なお、今年4月、幕張メッセで行われたニコニコ動画の祭典「ニコニコ超会議」は4億7000万円の赤字を計上。「ニコ動世代」を集めたところで全く金にならないことを奇しくも証明したかたちだ。

 【用語解説】:「リア充(りあじゅう)」
  現実(=リアル)での生活が充実した人を指すインターネット用語。対義語は「社主(しゃしゅ)」。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<GOODS>2ちゃんねる しまむらクン

 これは「しまむら」に売ってないのですかね。

社主ピックアップ

社会

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ