Kyoko Shimbun 2012.09.03 News

読書感想文コンクール、急きょ中止 宿題も免除 文科省 これは嘘ニュースです

高校生向け課題図書『俺の妹には友達が少ない』(江口千尋・著)
 文部科学省は3日早朝、緊急の記者会見を行い、同省が主催する今年度の「読書感想文コンクール」の開催を急きょ中止すると発表した。同省では「課題図書の中にインターネットから剽窃(ひょうせつ)した作品が含まれているとの指摘があったため」と説明している。この中止に伴い、全国の小・中・高等学校で夏休みの課題として出されていた読書感想文の提出も免除される。

 文科省によると、先月31日、同省に「課題図書にインターネットからの盗作が含まれている」との匿名電話があった。これを受け、担当者が調査したところ、課題図書と全く同じ文章を掲載したホームページを複数発見。さらに他の作品についても調査したところ、今年の課題図書18点のうち、ライトノベル『俺の妹には友達が少ない』を除く17点が全く同じ文面でインターネット上に掲載されていることが確認された。

 これを受け、文科省ではこの週末に対応を協議。その結果、「ネット上の作品と課題図書のどちらが先行作品であるかを確定するのに最低数ヶ月要する」として、今年度の読書感想文コンクールの中止を決めた。また来年度以降の開催についても「現段階では白紙」とした。

 開催の中止に伴い、夏休みの宿題として義務付けていた読書感想文の提出も免除するよう、3日付で全国の小・中・高等学校に通達。すでに新学期が始まっている一部学校についても、感想文の提出の有無を成績に反映させないこと、またすでに生徒から預かった感想文は各校で責任を持って焼却処分するよう通達した。

 読書感想文に詳しい京都大学文学部の坂本義太夫教授(シリカゲル論)は「お上がお決めくださった『課題図書』なるどうでもいい作品を無理やり読まされた上、書きたくもない文章で原稿のマスを埋めていく作業は刺身にタンポポを乗っける作業に匹敵する現代の拷問。数十年にわたるこの悪習が今までどれほど多くの読書嫌いを生み出してきたことか」と述べ、読書感想文の不毛さを強く批判した。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<BOOK>読書感想文がラクラク書けちゃう本―宮川俊彦のオタスケ授業

 課題図書や指定図書の読書感想文、やんなっちゃうよね。イヤイヤ書かされる読書感想文ほど、つまらないものない…と、思っていないかな?

社主ピックアップ

文化

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ