Kyoko Shimbun 2012.01.15 News

米長、敗退…最強将棋ソフト「ボンクラーズ」に迫る これは嘘ニュースです

将棋専用コンピューター「ボンクラーズ」外観
 14日、東京・千駄ヶ谷の将棋会館で「第1回将棋電王戦」が開催され、日本将棋連盟会長の米長邦雄永世棋聖(68)とコンピューター将棋ソフト「ボンクラーズ」が対局。米長永世棋聖が113手で投了し、「ボンクラーズ」が勝利した。本紙では開発者へのインタビューに成功。その驚異的な実力の裏側に迫った。

 対局は前半、米長永世棋聖が優位に進めたが、中盤以降「ボンクラーズ」が形勢を逆転すると、その勢いを保ったまま終盤まで持ち込み、113手で後手・米長永世棋聖が投了。終局後、敗れた米長永世棋聖は悔しさをにじませた。対局後の記者会見で米長永世棋聖は「コンピューターと言うより、一つの人格を持った棋士の相手をしているようだった」と感想を述べた。

 「ボンクラーズ」の強さの秘訣について、開発者の会社員伊藤英紀さん(49)に話を聞いた。

 ――まずは快勝おめでとうございます。

 「ありがとうございます。今回、米長さんのような棋界の実力者がこのような公の場で対局を受けてくださったことにも感謝しています。」

 ――「ボンクラーズ」の強さの秘訣(けつ)は何でしょうか。

 「言葉で説明するより、実際に『ボンクラーズ』の中身を見ていただいたほうが早いと思います。」

 そう話すと、伊藤さんは「ボンクラーズ」本体を見せてくれた。本体は高さ2メートル、人の背丈ほどあるロッカーのような直方体をしている。この中に1秒間に1800万手を読むという驚異的な性能を持つ演算装置が収められているとのことだ。

 一体どのような装置が収まっているのか。本紙記者はその禁断の扉に手をかけ、ゆっくりと開けた。

 「どうもこんにちは、羽生善治です。やっててよかった公文式。」

 …納得である。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

おすすめリンク

<BOOK>ボンクラーズ、ドントクライ

 あの頃の僕らは、恋がどんなものかも知らなかった――。

社主ピックアップ

科学

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ