Kyoko Shimbun 2006.11.14 News

投票用紙に「ハゲ」無効 1票差落選候補の訴え認める これは嘘ニュースです

 昨年12月に投開票された滋賀県琵琶市議選で、1票差の次点で落選した松田康人候補(37)が、最下位で当選した孫政義候補(44)が得た「ハゲ」などと書かれた票は無効だとして、県選管を相手取り当選無効などを求めた訴訟の判決が14日、大津地裁であった。

 坂本義太夫裁判長は「『ハゲ』は一般的に松田候補を指すものと見られるが、両者の現実的な頭髪状態を考えると、どちらを指しているか不明確である。」として原告の訴えを認め、投票の無効を命じた。

 判決によると、孫候補は728票で当選し、松田候補は1票差の727票で落選。有効とされた孫候補の得票の中に「ハゲ」と書かれた票があったため、二人の頭皮の状態を比べた結果、松田候補のほうが毛が少ないと判断。今年1月、松田候補は、県選管に審査を申し立てたが、その後孫候補がかつらであることを告白したため、どちらが本当の「ハゲ」であるかをめぐっての争いが注目を集めていた。

新しいアプリで記事を読む

App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード

虚構新聞友の会

本紙友の会へ入会すると、会員専用掲示板に書き込みができます。

社主ピックアップ

政治

人気記事ランキング

今月の一冊

「今月の一冊」バックナンバー

虚構新聞社のRSS/SNS

虚構新聞のウェブサービス

虚構新聞社の本

注目コンテンツ